バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水で自動車が走る?
ここの会社が水で自動車が走るとかなんとか言ってます。
http://www.genepax.co.jp/index.html

ニュースリリースを参考のため引用

2008年6月12日 ウォーターエネルギーシステム搭載 電気自動車のテスト走行を予定(6/12)
2008年6月12日 世界初、新エネルギー技術「ウォーターエネルギーシステム」の発表(6/12
大阪府庁 議会会館にて「環境保全と災害対策を考えた新エネルギー(ウォーターエネルギーシステム)」の勉強会を開催します。

会社案内を参考のため引用

弊社は、エネルギーの効率的な供給と利用を可能とする技術及び製品の開発をミッションとしています。
「効率的な」とは、資源及び自然の両面での「効率」を意味しています。
地球の資源を浪費せず、自然環境に優しいエネルギーを創ることが、私どもの目的であり願いです。

水とWESさえあれば、自動車を走らせることができ、生活家電を動かすことができる。
水とWESさえあれば、温室効果ガス低減に向けた画期的な解決策となる。
水とWESさえあれば、世界中どこにでもクリーンなエネルギーを安定して供給できる。

上に掲げた3つの「水とWESさえあれば」に目を通すだけでも、子供たちの未来へ明るい希望を残せると確信することができるでしょう。

エネルギーは水から創り出す。
そんな理想のエネルギーが、現実になりました。
私たちは社会への貢献に向けて、精一杯WESの普及に尽力していきます。


(引用ここまで)


WESって、何を指してるのかわかりませんけど。水をエネルギーに出来たら、今頃世界中で大騒ぎ。ノーベル賞確定です。ところが、そうでないということは・・・。

こういうのって、なくなりませんよね。波動商法もまだしぶとく残ってますし。警察屋さん頼みますよ。


スポンサーサイト

空気自動車
ディスカバーリーチャンネルを見てたら、空気自動車というのが出てきました。カーボンファイバーの空気タンク3本搭載。アルミを多用し、軽い車体。動力は、名前にある通り、タンクの中の空気です。これだけ聞くと、

膨らませた風船が空気を吐きながら飛び上がって、すぐに落ちてくるみたいに、空気自動車も3分くらい走って終わりじゃないの?

って思いそうです。しかし。

一回の空気補充で200キロメートル走行。

市販時は最高時速110キロ。

車体価格は日本円で100万円台から。

圧縮空気は空気スタンドで3分で補充。

スタンドがないときは、電源を引っぱってきて車載のコンプレッサーで空気を補充できます。電気代はたったの2ドル!

200円で200キロ。しかも、排ガスで空気を汚すことはありません。すごい。そう言えば、この前郊外のショッピングセンターに行ったら、ガラガラでした。以前は、休日にもなると、駐車場の出入りで大渋滞だったのに。理由はガソリンの高騰でクルマの利用が減ってるためでしょう。空気自動車が広がったら、ガソリンの値上がりを気にせずにすみそうです。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

マライアさんのアルバム E=MC2
Natureにマライア・キャリーさんの記事が載ってました。( 2008年4月24日号)

彼女が最近、E=MC2 (←E=M×Cの2乗)というアルバムを出したらしいです。筆者はそんなアルバムの存在自体、全然知りませんでしたが、この式はアインシュタインの特殊相対性理論で導き出した関係式。

(エネルギー)=(質量)×(光の速度)の2乗

ということ。マライアさんて、実は物理に精通してるのか? アインシュタインへの敬意? いやいや。彼女によるとこのアルバムでのE=MC2の意味は

Emancipation(束縛からの解放)=Mariah Carey ×(カケル) 2

なのだそうで。ニュースでは、「彼女が次に曲を出す前に、誰か数学を教えてやれよ。」としめてます。

Natureいいなぁ。普通の読み物にもなるし。日本でもこういう雑誌つくればいいのになって思います。アジアのいろんな国から、論文投稿してもらったりして。科学分野で日本がアジアのリーダーのポストを狙うにはいいアイデアだと思うんですけど。最近、シンガポールの研究環境がいいとかいうことで、人材が流れてるみたいだし。ま、理由は日本の科学者は、研究以外に雑用が多すぎるんですよ。そういうのを、なくしてくれてる国とか研究機関はやっぱり人気がありますよね。その点では、日本はダメダメ。研究者にペーパーワークばっかりさせちゃ時間とお金の無駄だよ。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。