バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あしなが育英会の募金活動
ちょっと遠出して歩いていたら、高校生の街頭募金活動に出くわしました。そこには「あしなが育英会」の文字。ご存知の方も多いと思いますが、親が早くに他界した子どもたちの就学を支援する団体です。(あしなが育英会⇒ http://www.ashinaga.org/index.php )

本来なら、公的な制度が充実することにより学費等の心配をすることなく学校に行ける、というのがあるべき姿だと思うのですが、現状では当面望めそうもないので、あしなが育英会には頑張ってもらわないといけません。

ということで、男の子が持ってる紙製の募金箱に500円玉を入れるとチャリンと音がしました。ちょっと入ってそうです。そのとき、男の子があしなが育英会のパンフレットをくれたので、帰り道に目を通してみました。

「遺児母子家庭では平均勤労収入が一般の約3割。そのうち57%が137万円以下という深刻な状況です。」と書いてあります。

このところ、公教育が削減されて、その分を補おうと学習塾が大盛況。でも、学習塾はお金がないと行けないので、経済的なハンデを背負うと教育にまでハンデを背負うことにもなります。教育が受けられないと、将来の職業にも影響が及び、貧困の鎖がとぎれることなく続きます。

道路よりも教育。

土建業者よりも子ども。

早く日本を変えないといけません。


貧困の鎖をストップ!と思われる方は、プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。