バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その発想はすばらしい。服の置き場所。

よく通る道に、衝突時の衝撃緩衝容器が置いてあります。
黄色いプラスチック製のドラム缶みたいなブツですね。
ガードレールの角とかによく置いてありますね。


ある日。
そのブツに張り紙がしてありました。

「この中の衣服は○○日までに撤去してください。」

・・・・・・





服入ってたんですか?


ホームレスのヒトが、衣替え用に保管していたんでしょう。
その思いがけない発想になるほど!とうなずいてしまいました。


撤去しにきたヒトもびっくりしたと思います。


「おいおい服入ってるよ。」
「捨てちゃまずいよな。どうする?」

ってことで、張り紙作戦なんでしょう。たぶん。


何日かしてそこを通りかかったら、緩衝容器はもうありませんでした。

中の服をちゃんと持って行けたのか、ちょっと気がかりです。


それから。
ビッグイシューという雑誌はご存知ですか?
ホームレスのヒトが街角で販売することで、社会復帰を目指すというもの。

販売員さんの前を通りかかっても、大抵はガンバレーとテレパシーを送って通りすぎるんですが。

ビッグイシューの表紙は毎回凝っていて、ブラピとか有名人の写真だったり、時にはガンダムのときもあったようです。※63号です。


ところがそのときは、西原理恵子さんの「まいにちかあさん」が、


いしゅーこーてやー


とまるでへびがカエルをロックオンしたかのように、こちらを見てくるんです。※こちらは69号。数字に深い意味を考えてはいけません。

気の弱いカエルは買うしかないのでした。

まいにちかあさんの強権発動(?)で初めて買ってしまったわけですが。読んでみると結構おもしろい。
普通の週刊誌みたいに何ページにもわたって広告がないのと、世界の記事と日本の記事があるので、世界の中の日本をこれ一冊だけで客観的に知ることができる。
なかなかの読み応えです。


後ろの方には、読者の人生相談に販売員の方が答えるというコーナーがあります。
一般的な固定概念からすると逆ですよね。なんか人生が染み出てくるというか。味があります。

そのあたりとんでもなく新鮮でした。
まちで見かけたら、ぜひ表皮をのぞいてみてください。

ビッグイシューのサイトはこちらです。
スポンサーサイト

TOEIC試験受けちゃいました
これまで、勉強の様子なんかも、ちょんのりとお伝えしてきたわけですが。とうとう本番いってきました。

試験開始はお昼をすぎた頃。直前に昼食を食べると胃に血が集まって眠くなるので、朝食をガッツリ食べて家をでました。(ちなみに中華丼大盛り)

受付を通って、教室へ。注意事項などを聞いてから試験スタートです。そのときに初めて気がついたんですが。試験て2時間ぶっ通しだったんですね。アハ。アハハ。体力もたせる自身ありません。うん。

てことで、普通に解くと最後まで頭がついてこないので、作戦をたてました。

ま・・・


つまり・・・

問題を考えずに解く。

さっと聞いたり、読んだりしてその時点で残ってる記憶だけでサッと答えをマークして、次に進むことに・・・しようと思いました。

それと、TOEICは三択か四択なので、わからなかったら適当にマークするのは鉄則です。


リスニングが始まりました。
長々と回答方法のアナウンスが続く雰囲気。でも、まわりからは

バシャ、バシャ、きゅきゅきゅきゅ

とページをめくって、マークする音が。まだリスニング始まってないのに何やってんだ。と思ったわけですが。ピタッと合点がいきました。説明なんてきかなくてもわかるので、この間にリーディング問題を解いちゃえ・・・という魂胆のようです。

てことで、ボクも同じ船に乗ります。

リスニング力がヘボヘボなのは重々承知なので、体力を温存すべく軽く回答。そして、リーディング問題へと進みます。

練習用に買った本には、「どこどこの問題は1問あたりO秒で解く」なんてことが書いてあったので、それを守ります。たとえチンプンカンプンでも、考え込んだらアウト。時間が足りなくなって最後の問題までたどり着けなくなります。

後ろのほうは長文的な問題がドヤドヤと続きます。まず、質問から目を通して、文を読んでざっと内容を頭に入れて、そして回答。

ページをめくっても、めくっても新しい長文問題が続きます。


うわ。もうだめだ。集中力切れてきた・・・と思って次のページをめくったら、白紙でした。このとき試験終了の一分前。

なんとまあ、いつもながらギリギリな人生。

結果は一ヵ月後くらいに送られて来るそうで。前回、腕時計を持ってないのでどうしよう・・・ってことでしたが。懐中時計を探し出して、使ってました。

夏は試験場にいくのが暑いので、秋にでもまた受けようかな・・・って思う今日この頃です。

イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。