バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポスドクの就職先はどうなるのか
このところ、大学の台所事情がどんどんきびしくなっている。
独立行政法人化にともなって、予算が削減され続けてるし、研究費も一部の大学などに集中させようという動きが止まらない。

研究室の主な運営費を3つあげると、大学からの運営費、国からの研究費、民間からの研究費 がまず思い浮かぶ。

大学からの運営費というのは、結構利用範囲が広くて、機械の修理とか出張代とか、もちろん試薬を買ったりできる。

ところが、この運営費が年々減らされるうえに、今まで大学としてお金を払っていてくれたものが、実費徴収に切り替えられるようになってきた。

つまり、給料が減ってるのに、支出だけがどんどん増える。

では、国からの研究費はどうかと言えば、有名な大学だとか先生にお金が集中する傾向にある。


お金を分配する側としては、無難に配ってれば責任を問われることもないし。「競争」「勝ち組負け組み」という言葉を使えば、大抵のことは許されてしまう時勢も手伝っているのだろう。

しかし、ここで問題点をあげてみる。

まず、瞬時に世界にインパクトのある研究結果を発表することだけがよいことなのか。
研究なんてとても地味な世界で、そのときは埋もれていても、何十年もたってから評価されることもある。
また、なんの役に立つかわからないような研究でも、その研究を元にさらにアイデアを絞って研究を発展させることだってある。

インパクトのある研究の土台は多くの地道な仕事によって成り立っている。それはピラミッドを思い描いてもらえるとよいと思う。

それを簡単に知る手段がある。
ネイチャーとかサイエンスといった一流紙から論文を一つ選んでみる。後半部分には必ず、この論文を書くために引用した論文のリストが載っている。そのリストからまた論文を選ぶとやはり、引用論文のリストがある。こうして研究の土台は末広がりに広がっていく。

つまり、ピラミッドの頂点で華やかに研究する研究者だけを優遇することは、近い将来の研究の敗退を意味する。
確かに、研究の評価は難しい。でも、今のままの施策が続けば運営が厳しくなってきたラボの廃業が相次ぐのは目に見えている。

有名大学以外はつぶしてしまえ・・・という意図があるなら大成功だ。

その結果困るのは、これから博士の学位をとる学生だ。
ポスドク(期間契約の研究職)をたくさんつくろうと、大学院の定員が増やされた。
でも、日本では博士号を持ったヒトが民間企業へ就職することは、まだまだ文化として根付いていない。

だから、結局は大学とか、国公立の研究所に就職することになるんだけれど。
その就職先になったであろう、大学の大半を予算の締め付けで苦しめたら、ポスドクを雇う余裕なんてますますなくなってしまう。
日本の科学施策は無策だと思う。


日本で研究がしづらいと感じたら、博士号を持った迷える難民は海外に流れると思う。研究という仕事に国境はない。

日本で育てた、研究者はどんどん海外へ。良く考えれば、国際交流の一環か。

それとも、研究者を何千人も雇い入れてくれる巨大研究所をつくる構想でもあるのかな。

「大学 独立行政法人」の本
スポンサーサイト

連呼の名前はリスト入り(ブラック♪)
朝。
ラボへの道すがら。

小さめの街宣車がやってきました。よくもわるくも選挙って感じです。
近づいて来ると・・・めっちゃ名前を連呼してます。

そして、赤信号に引っかかった街宣車。
突然。歌が流れ始めました。

OOOO(←候補者の名前)に入れてね♪
投票用紙にOOOOと書いてね?


という感じでリピート。リピート。リピート。

今日も声の調子いいね! ってそんなわけあるかい。
あんな恥ずかしいことを(平気かどうかは知らないけど)できる神経。

真の有権者は、候補者の政策と信頼で選ぶ。

先生に
「名前覚えられましたね。えらいですね。じゃそれを書いてみましょうね」って言われる、幼児でもないし

プログラムされた通りに動く投票マシンでもない

ただ名前を書いてくれさえすればいいなんて、有権者を見下げるような思想の持ち主は当選したって、本当に市民のために仕事をするとは思えない。

でもリスト入りはするかな
ブラックだけどね

で、あの連呼の名前はなんだっけな


もう忘れちゃったー。

「政治参加」の本

加工油脂とマーガリン
夕方。

デスクワークをしていたら、小腹が・・・。
ということで、小銭を握りしめて売店に向かいました。

時間的に、残ってる商品はわずか。

その中で、原材料をチェックして、合成保存料やらマーガリンなどが入ってるのは除外。

そして、チェックを通過した中で、

「オレンジマーマレードを・・・練りこんだ・・・」

と書いてあったのが美味しそうに見えたのでレジへ。


机に戻って、ネットニュースを見ながらパンをほおばります。
で、何気に袋の表に目をやると、

「オレンジマーマレードを マーガリン に練りこんだ・・・」

と書いてありました。(詳しくはトランス脂肪酸で検索してみてください。)

がーん

でも、原材料表示にはマーガリンなんて書いてなかったぞ!
再度、じっくり見てみたら


加工油脂


との表示が。ひきょうだぞ! というか、油を加工したものだったら、なんでもかんでも加工油脂と書いていいのか?
それを見つけた瞬間、パンの味がどんどん悪くなる気がしてきました。
マーガリンと書くとボクみたいに避けるヒトがいるから、わざと言葉を変えてるんでしょうか。もしくは、字数の問題?
どっちにしても、このメーカーのパンは当分買わないことにして。あいまいな表示は本当にやめてほしいです。

「アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート」

投票:利益をもたらすのはどこか
選挙の投票締め切り 一週間前 になりました。(あえて「投票日」とは言わない。実質、いつでも投票できるので。)

よく政治不信とかいうけれど、投票率が低いのはやっぱりまずいと思う。
政治家を批判するのは簡単だけど、彼、彼女らは課程はどうであれ、投票で選ばれてるのだから。

この頃、閣僚級というか、大臣の方々がと~っても恥ずかしいコメントを連発するのが「ブーム」みたいだけど。
その人たちに投票したヒトたちは、政治家の常識的センスや良識は求めていないということになります。

つまりは、恥ずかしい行動をとられても、それ以上に彼らが政治家であることによって、自分たち利益が得られるということ。
結局は、集めた税金の再配分をどうするかが仕事ですから。

たとえば、政党でいうと、自民なら昔ながらの業界団体の支持が主。なもんで、そういった団体を優遇しようとします。
公明なら、あの宗教団体。あまり触れたくないので、ここでは触れません。

民主は労働組合など。自民より目線は一般市民に近いと思います。

以下、社民、国民新、共産など。


投票というのは、どの政党や政治家なら自分に利益をもたらしてくれるかを意思表示する機会だと言えます。
ひょっとしたら、一枚の投票用紙が数万円のリターンを引っさげてくるかもしれないし。

逆に、投票しないと、自分にとっての利益代表を選ばなかったばかりに、マイナスうん万円の借入証書をつかまされ。
あげくは、そのお金はどこぞに振り分けられる可能性もある訳で。

もったいない!

そんなのはありえないので、今日は期日前投票してきました。紙に住所と名前を書くだけで投票できて簡単です。

ボクの場合は、バイオ研究の環境をよくしてくれそうなとこに投票しました。
ここ数年、大学の予算が削られて、末端の研究室にまではっきりとシワ寄せがきてるし。
「競争社会」を意識してか、研究費の配分も、一部に集中するようになってきたし。
日本の科学の根底を支える、大学や学生を粗末にしないでほしい。

そんなシステムをつくりあげてきた、現在の与党にはご遠慮願いたいという意思を一票にこめました。

「投票」に関する本

これぞ肉の格差社会
久しぶりに牛肉なんぞ買ってみました。
おそらく、一年ぶりくらいだと思います。

カレーのときも、豚肉か鶏肉。

好き嫌いとかじゃなくて、値段の問題です。
だって、倍以上ちがうんだから。節約街道まっしぐら。

食肉1kgに必要な穀物量は、

ブロイラー2kg、豚肉4kg、牛肉8kg

だそうで。牛肉高いはずです。でも、おいしい。キング オヴ 肉。
そこが悩ましいところで。

で、今回なんで牛肉を買ったかというと・・・・。


安かったから。


安かったから。


安かったから。


(↑節約街道に響くこだま)


冷蔵庫に入った牛肉を見つめながら、「今夜は何にしようか・・・」と考えます。

肉の味をストレートに堪能するなら、やっぱり

焼肉でしょう!焼肉焼肉。

これ。薄切り肉なんですがそこはあんまり気にせずに。




フライパンで一気に焼いてしまって、DVDを見ながら白飯で頂く作戦。
まず、ピーマンとミニアスパラを焼きます。

そして牛肉。

こう見えても(って、どう見えてるんだ?)フライパンには昔からこだわりがあって、必ず鉄のを使います。表面に加工してないやつです。ずいぶん昔は、表面加工のを使ってましたが、味が味気なくなるのと、こびりつかない加工のくせにやたらとこびりついたので、「どうせくっつくなら」と鉄にしました。

おもしろいことに、うまく使えば鉄フライパンの方がくっつかない。意外な発見でした。


そんなこだわりのフライパンで焼く牛肉。おいしくないはずがありません。

肉をパックから出して、一枚一枚開いて焼いていきます。

その時。

手元がくるって、ガスレンジの上に


ぺちゃ



と落としてしまいました。自慢じゃないけど、ここ数週間拭いてないので、油とほこりでどろんこです。一瞬


あ、あ、あ・・・


と切なくなりましたが、次の瞬間には蛇口をひねって超高速水で洗ってました。

だって、半年ぶりの牛肉。これが豚肉だったら、ゴメンナサイと謝ってティッシュでくるんでポイします。社会だけでなく、肉にも格差がありました。

無事に焼き終わったので、ERを見ながら炊き立てご飯でおいしく頂きました。

〈三田屋総本家〉 国産牛の牛すき焼丼



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。