バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガラスピペットのつまみ方
細胞培養で使うガラスピペット(以下ピペット)。

pipet


細長い金属製の四角い缶に入れて滅菌します。
そして、実際にピペットを使うとき。
マメなヒトは、ピンセットをバーナーであぶってからピペットの頭をつまんで取り出します。それはもちろん雑菌がついて細胞にコンタミしたらイヤなので。

でも、筆者は素手でガシッとつかみます。(ゴム手袋はしてますが)自慢じゃないけど、これでコンタミしたことありません。えっへん。←ちょっと自慢。

次に、マイクロピペットのチップ。詳しくはココ
ふつうは、専用の容器に入れて滅菌してあります。でも、容器にチップを詰めるの面倒くさいんだ。なので、バラのチップを100円ショップで買ってきたタッパーにザラーッと入れて、そのまんま使ってたこともあります。容器の中でチップが自由に動き回るので、マイクロピペットの先に装着するのが難しそうですが、すぐに慣れます。

培養細胞や大腸菌に使ったりするときは、きちんと滅菌したのを使います。要は、使い分け。これでずいぶんチップ詰めの時間が節約できました。

コンタミは目に見えないものを相手にするので、慎重になる気持ちも十分にわかります。筆者はとことん、作業をカットしていくので「実験早いね」とたまに言われます。でも、食事は食べ終わるのすごく遅いです。猫舌なので、とくにラーメンやうどんが苦手です。麺が伸びるは、ヒトを待たせるは。もう最悪ですな。ははー。

実験器具・理化学機器ならテックジャム


スポンサーサイト

テキパキかつスロー。郵便局。
集荷を頼めばいいんですが、休日なんかは散歩がてら郵便局にまで足を運ぶことがあります。
到着したら、局員さんが変な格好・・・そか、民営化されたんだと納得。紺色のなんとなくジャージみたいなユニフォームでした。

で持ってきた荷物を出したら、「料金後納のカードありますか?」って。民営化後は後納で出すときはスムーズに手続きするためにカードを送付するってどこかに書いてあったような。でも、まだ届いてないぞ。

局員さんが何度も後納の識別番号を打ち込んでるんだけど、コンピュータは受け付けてくれず。「まだ入力されてないみたいですね。」だって。なんだそりゃ。「担当者に聞いてみます。」と奥に行ってしまいました。

ヒマだったんで、列の横にそれてボンヤリと局員さんの仕事を見ていました。みんな汗だくで仕事をしてるんだけど、一人の客をさばくのに前よりも時間がかかってるみたいで。今まで見たこともないくらいの行列。MAXで8人くらいになったかな。手続きが煩雑になったのかもしれない。印象だけど。

中には、書き損じはがき交換の30円の領収書を発行するのに、3分くらいかかってるのもありました。コンピュータの入力を何度もやり直してるうちに、そのお客さんも「こんなに時間かかるなら、頼まなきゃよかった」みたいな顔してました。

結局、筆者のもとに発送控えが戻ってきたのがほぼ15分後。こんなに時間かかるなら、ヤマトや佐川使えばよかったな。なんて。ちょっと高いけど待たされるよりはいい。

早く後納のカード送ってこないと、お客さんが逃げちゃうぞ。

激安宅配便「250EXPRESS」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。