バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気にしようよ
年末、だいぶ髪がのびたので、切ることにしました。いつもは実験、メルマガの原稿・・・と時間に追われてるというのと(まあ、無駄な時間もたくさんあるだろうけど)、人と会う職業じゃないので、営業さんみたいに身なりをきちんとする必要もない。ある程度、限度はあるけどね。

今年の学会でブースを出してる企業の営業さんは、みんなキラキラしていて、僕たちとは世界がちがうなと再認識したりもしました。

そんな筆者でも、前髪が目に入ってチクチク、後ろのえりあしが服の襟ではねてぴよーんと跳ね出してきたら、気になって無性にソワソワし始める。前髪は自分で適当に切れるけど、後ろ髪はどうにもできず。うわーもう限界だ!と美容室に飛び込みで入ってみました。

運良くすぐにできるそうなので、しばし座って待つことに。で、「どれか選んでください。」とヘアスタイル集を渡されました。中のショートカットのページを見てみます。

しかし。


選ぶも何も、どれもよく似ていて同じに見えるんだ。自分はここまで疎くなってしまったのかと悲しくなってきましたが、何とかよく見比べて、選んでみました。

できあがりは、頭頂部の髪をつんつんに立てていい感じです。その足でラボによって、細胞クンの様子を見て帰りました。

シャンプーがラクチンです。ん?散髪する基準おかしいって?

美容のプロもご愛用♪<1万本完売!>無添加アミノ酸シャンプー


スポンサーサイト

詰まる話
とうとう仕事納めです。

でも、筆者の場合はちょこちょこラボに行かないといけません。細胞クンがお腹をすかせてお父さんがご飯をくれるのをまってるのです。最悪、元旦にラボ・・・。やだ、絶対。そう言えば、数年前、元旦にラボで同期と鉢合わせして「何やってんの?」とお互い目を丸くしてたことも。

ラボのゴミを集める場所は、ゴミ袋がテラ大盛りだし。にしても、この一週間。実験はまだ残ってるのに、頭だけ先に冬休みに突入してしまったので、大変でした。そんなボヤっとした筆者に目を覚ませてくれたものがありました。シモの話で恐縮ですが、いつもラボで大きい方をしたくなるんです。回数を比で言うと、家:ラボ=1:3 みたいな。本当にすみません。で、トイレで任務を済ませて水を流しました。


水位上昇。

え?

和式便器の中間くらいまで水がやってきました。そんな詰まるほどモリモリしてないよ。「これはきっと水を流す勢いが小さすぎたからだ。」と勝手に解釈して、今度はレバーをムギュっと最後まで押してみました。

ジョパー(←水の流れる音)


水位上昇。


や、やばい。あふれる。



もうだめだ。逃げなきゃ溺れる。と個室を出ようとしたら、水圧に屈してグゴーと雄たけびをあげて流れていきました。ほんの数秒が何分にも感じる、そんな出来事の一つでした。にしても、目が覚めました。スリル満点な仕事納めだ。やだな。もう。

毎月、定額のDVDレンタル



アーパンツ
この一週間はパンツとの戦いだった。
早い話が仕事に追われて洗濯できなかったのだ。実際は洗濯機を回して干す時間くらいはあったけど。まわす元気はあっても、干す元気なし。で、ダラダラと10日以上も洗濯物が山積み。洗濯物で埋もれている洗濯機の姿は、ひしひしと哀愁をかもし出すありさま。

こんなこともあろうかと、下着類は多めに持ってるはずなのに、朝シャワーを浴びる前に引き出しをのぞいたら

ラスト1デース♪

とウインクするパンツがニョキっと顔をのぞかせました。しかも、

セクシーパンツじゃねーか。おめー!

持ってはいるものの、スースーしてはきごこちがいいものじゃないので、奥のほうにしまい込んでたんだ。これが。今日これはくの・・・? 勝負でも何でもないのに、セクシーパンツをはいてラボに向かう筆者やまの。

セクシーパンツで細胞培養

セクシーパンツでミニプレップ

セクシーパンツでPCR


ああ、スースーする。

早くふつうのパンツはきたい。

切実に願いました。でも、よく考えたら明日はノーパンだ・・・。ヤバイ。やばいよ。かあさん。パンツだけでも洗うか。でも、夜に洗濯機まわしたら近所迷惑だし。てことで、この日から数日、帰りにパンツを買って帰る生活を送りました。

その新しく仲間に加わったパンツも、洗濯機の埋め立てに加勢。

ヤホーイ♪

って喜んでる場合じゃないぞ。この休みは洗濯大回転。でも、そんないっぱい干すところないぞ。ガボーン。

身に付けて気持ちのいい男性ビキニ専門店【BOLD】



偽りの権威付け
化粧品、健康食品と呼ばれる商品のサイトなどを見ていて気になったことがあるので、簡単に書いてみる。

それらのサイトを見ていると、いろいろな物質の効能をアピールするかたちで(健康食品は「食品」なので効能を説明すると薬事法にひっかかるんですけど。本当は。)、「OO学会で発表されました」との記述を見かけることがある。しかし、ラボの住人にとって、学会で発表される研究成果は「本当にほんとなの?」と半信半疑で接するのが常識。そこには不確かなものが多くあふれかえってるからだ。

そんなラボの住人の常識を知ってか、知らずか「学会で発表されました!」という販売者の態度は消費者を惑わせるものでしかない。もし知ってやってるならかなり悪質だ。

学会で発表される研究結果になぜ不確かなものが含まれてるかというと、発表内容に第三者によるチェックがほぼ入ってないからだ。それぞれ学会の運営方針があるので、基準は一様ではないけれど、掲示で行うポスター発表は学会のメンバーならよほどでない限り誰でも発表できる。つまり、「発表したい!」と手を上げればフリーパス。これは、研究初心者の学生が発表を練習する場でもあるため、厳しくふるいをかけるわけにもいかないのだ。

なので、「学会で発表されました!」なんてキャッチコピーはナンセンス極まりないことがわかる。

もし、学会での発表が口頭によるものだったら、ポスター発表よりも少しは信頼度が上がる。ヒトの手で、口頭発表させる研究成果を選ぶという作業が入るためだ。ここで若干ふるいが入ったからと言っても、実はまだまだ。

その上には論文発表があるが、学会で発表された研究すべてが論文になるわけではない。結局うまくいかず断念するケース、論文を投稿したけど掲載を拒否されたというケース。

そうして、論文発表された研究が、他の研究者による追試でどうやら確からしいということが示されたら、ラボの住人の信頼感が急激に上昇する。

ここに出てきた発表の信頼度について整理するとこうなる。

1論文(追試あり) > 2論文 > 3学会の口頭 > 4学会のポスター

(論文雑誌もたくさんあって、それらの間でも信頼の置き方に大小あるがここでは省略する。)

3や4をセールストークに引用してる販売者がいたら、無知で、もしくは悪意をもってやってることなので、迷わずご縁を切っておくのがよい。

ハングリーフォーワーズジャパン



動物の健康詐欺の疑いのあるサイト、通報先教えてください
偶然、いかがわしいサイトと遭遇してしまいました。ちなみにここhttp://www.peace7.com/if2/のサイト。

「ペンダントをつけるだけで、犬猫の病気が治る」とうたっている

そんなもん本当にあったら間違いなくノーベル賞受賞だ。波動とか脳幹とか難しそうな用語を持ち出して、一般人をだまそうとしている意図が許せない。よくもまあどうどうと、こんなサイトつくれるもんだ。病気の動物だって、こんなもの付けられてまともに治療してもらえる機会が奪われるとしたら不幸だ。

本当に許せないので、通報しようと思ったけど、どこに言えばいいのか理系バカの筆者にはさっぱりわからない。警察、公正取引委員会、農林水産省? どなたかご存知の方教えてください。



すずめのお宿
道路沿いの街路樹。何本もあるんだけど、一本だけ夕方に小鳥が集まる木があった。おそらく100羽単位で。それはもうさえずりの大合唱。そこら中、木の葉っぱへ、道へと落ちてるフンの量もすごい。なので、夕方前後にそこを通る時は、落下物にやられぬようグワーっと木をよけて歩かないといけなかったりする。

ある日。作業車が来ていて、街路樹の散髪をしてました。例の木もツンツルテンの枝だけ。

その夕方。鳥くんたちがピーピー言いながら木の周りを飛びまわっていました。

「おうちがないぞー。ぴー」
「葉っぱがないぞー。ぴー」


鳥語を翻訳したらこんな感じのはず。たぶん。

仕方なしに、すぐ横の電線や家の屋根で休憩する彼ら。どうなっちゃうんだろ。


数日後。


近所のおじさんがレインコート、帽子、マスクの完全防備で、枝つきブラシをゴシゴシしながら屋根を掃除。見上げると、庭に生えてる木が青々と茂ってました。

ピー

ピー

ピー

ピーピーピー

どこかで聞いた音だなと思ったら、ものすごい数の小鳥が葉っぱにとまってました。ここに引っ越してきたみたいです。でも、

フンが屋根に落ちるのね。

大変です、もう。鳥くんは偶然近くに新しい寝床を見つけたけど、おじさんは防護服みたいなかっこうで掃除するはめに。良いのか悪いのか。事務的に街路樹を散髪する前に、どうすべきか考える時間はなかったのか。これはたった一本の木ではあるけど、もっとスケールを大きくして同じようなことが現実には起きる気がする。

Newton(ニュートン) 定期購読





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。