バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンケート:小中学校に留年は?
今、メルマガで実施中のアンケートです。

小中学校で勉強についていけなかった生徒を無理に進級させず、ペースを落としてでもきちんと理解させるために、留年させることはどうなのか? 投票締め切りは6月20日です。メルマガ上で紹介しますので、200字以内でコメントも一緒におよせください!

前回のアンケート参加者は44名でした。目標は100名です。ふるってご参加ください。





プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban


スポンサーサイト

「通るわけないよ。」
先日、知人(以下、彼)と話していたらこんな話が出てきた。

彼が友人(以下、Aさん)と食事中に人権擁護法案について知っているかを聞いてみたそうだ。そしたら、「知らない」という答えだったので、どういう法案かについて説明したら内容については理解してくれたらしい。「バカな法案考えるヤツもいるんだな。」って感じです。ところが、Aさんは「そんなくだらない法案通るわけないよ。」と結構冷めた反応だったので、彼は煮え切らない気持ちで、日本中がこんな他人事のようなヒトばかりじゃ法案が本当に通ってしまうんじゃないか。そう話していました。

バカな法案

普通の感覚ならそう思うものでも、現実にはその「バカな法案」を本気で命がけで成立させようとしているヒトたちがいるのです。そして、成立を食い止めているのは、他人事ではなくはっきりと「反対!」と声をあげて、行動で示しているヒトたちなのです。国会議員や地方議員の事務所に電話をかけたり、ファクスを送ったり。集会に参加したり。休日には街頭でビラくばりや、ポスティングをしたり。彼らの行動があってこそ、ぎりぎりで「バカな法案」が食い止められているのに、「通るわけないよ。」なんて傍観者的な発言は重度の病気としか思えません。考えたくもないですが、ひょっとしたら一年後にはすべての言論が監視され、令状なしに突然やってくる人権擁護委員に怯えながら細々と生活することになるかもしれません。そのときに「通るわけないよ。」と言った発言を悔やんでももう後戻りできないのは言うまでもありません。

例えば、筆者は昨日「外国人留学生30万人計画」に疑問を呈する記事を書きましたが、もし人権擁護法案が通っていたなら「外国人差別」をしたということで、筆者は家宅捜索されパソコン等がごっそり押収されることになります。Aさんはいつまで傍観者でいられるのでしょうか。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



まずは日本の学生を大事にしなさい
福田総理(以下敬称略)が留学生を30万人受け入れるとかいう構想を打ち出している。中国大好き、中国べったりな福田だからおのずとどこの国からの留学生かは見えている。もし、一人の留学生に100万円かけるとしたら、総額3000億円の大事業。太っ腹だな。しかし、ブログで以前に取り上げたが、親を亡くした子どもの学業を支援するあしなが育英会というところがあるように、日本は社会の底辺の人たちへのサポートがだめだめで学びたいのに学べないヒトたちがたくさんいる。家庭の事情で学ぶことがままならないと、その先の就職も制限がかけられる。なんとか暮らすことができても、子どもができたときに、やっぱり教育にかけるお金に余裕がないということで、教育困難は代々受け継がれていくのだ。筆者は、すべてのヒトが等しく十分な教育を受けられるために、公教育を十分すぎるほどに充実させるべきだと考えている。公教育が手を抜くと、民間の学習塾が台頭してくるが、ここはお金を持っているヒトしか学べないので貧富の差がストレートに教育の差として現れる。

日本人インテリジェンス計画!

なんて、将来の教育計画に勝手に名前を付けてみたりしたくなるほど、日本の現在の教育システムは一体何がしたいのかが伝わってこない。話がそれてしまったが、3000億円も外国人に使うくらいなら、まずは日本の若者を大事にしろ!ということだ。家計を心配して、高校や大学に行くのを迷っている若者に「金のことなんて心配するな!将来活躍してくれればそれでいいさ。さ、しっかり勉強して!」って、教育をあたえることができたらどんなにカッコイイことだろう。日本には困っているヒトがたくさんいる。意図的に、支配層が「バカ」を作り出すシステムを作り出して、「バカ」を働かせて搾取してるんじゃないか、ということも浮かんでくるくらい、世の中どうにかしないとということがたくさんある。

なのに留学生30万人。

福田はどこを見て生きてるんだ。日本人の税金を外国人に献上ばかりしていたら、そのうち暴動が起きるぞ。俺たちが生きる権利をよこせ!ってね。


プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban





新型インフルエンザへの備え
メルマガで「新型インフルエンザへの備えをしていますか?」というアンケートをとったところ、9割ほどが「備えなし」という回答でした。体調をいつも整えておく、とかそういうレベルではなくて、食料の備蓄。子どもの学校は。インフラが寸断されたら。会社は休めるのか。もし感染したらどうするのか。というものです。全戸に危機対応マニュアルを配ってもいいくらいだと思うのですが、自発的に情報を探さないと必要な知識が手に入らないというのが現状です。この点、大マスコミはイカスミからイとミを引いたみたいな。相変わらず。役立たず。権力やスポンサーのことしか頭に無い様子。庶民の命はどうでもいいのかい? 責任感とか使命感とかいう言葉は辞書に載ってますか? 

てことで、新聞やテレビには必要な情報がないので、自分で調べましょう。まず第一段階。厚生労働省のサイトに「新型インフルエンザとは何か?」から、危機対応についても書かれているので必要なところから目を通していきましょう。そして、知識を自分だけで独占せず、多くのヒトに教えてあげてください。ある程度、知識が固まったら、会社・学校・家庭などの組織で対応マニュアルを作りましょう。

厚生労働省の新型インフルエンザについてのページ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

中身の細かいところは別の機会に紹介してみたいと思います。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban




このブログの目的
ホームページをやめて、ブログを開いてから随分と時間が経ちました。ホームページは作るのが大変で、維持管理にかなり時間がとられましたが、ブログは文章を書いてアップするだけなので気楽です。その代わり、全体的にアクセスが落ちましたし、記事が時間順で並んでいるため欲しい情報までたどりつくのが難しいという欠点もあります。申し訳ありませんが、ブログ内でキーワード検索もできますので、諦める前に一度お試しください。

なぜ、こうして情報を発信するのか。メルマガを書いてると言っても、これはごく普通の個人ブログにすぎないので、アクセスは微々たるもんです。大衆受けするようなテーマを扱ってるわけでもありませんし。でも、一つだけ信念があって、それは「他のマスコミやヒトがほとんど扱わないテーマを取り上げる」ということです。ただ、流行に乗って記事を書くだけじゃ、単なるアクセス稼ぎで主体性がありません。それをやるヒトが悪いとかそういうのじゃなくて、筆者の性に合わないということです。それが念頭にあるので、研究関連ブログなのに「人権擁護法」や「ポルノ規制法」の話題が出てきます。それぞれの個人ブログでは取り扱ってるけど、政府かどこかの宗教団体にストップをかけられている(と筆者は解釈している)大マスコミはこれらの話題を扱えない。じゃ、自分で書くか、という流れで。影響力は限られてますが、一人でも二人でも読んでくれたらそれでいいと思ってます。そのあたりは専門家じゃないので、得られる情報は限られてますけどね。読者さんが自分で調べてもらえるきっかけになれば目的達成です。

とは言っても、そろそろラボの話題もアップした方がいいかな。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban




口封じの不当逮捕目的のポルノ法改正案
ポルノ規制を名目に、とある組織に都合の悪い人物を簡単に逮捕できるようにする、ポルノ規制法改正案。

このように、ポルノ規制にかっこつけて目的は別の所にあるのだから、法案を成立させたい面々は現実の被害者である児童を救うどころか、むしろ踏み台にしている訳で。この時点で、某面々の方が率先して人権侵害を侵していることになります。法案が成立したら、冤罪逮捕続出でさらに人権侵害が続きます。最低です。私たちが黙っていたら、推進派が「法案が受け入れられている」と勝手に都合のいい解釈をします。しっかり法案の意図をたくさんのヒトに伝えて、みんなで法案の不当性の声をあげていきましょう。

ネットユーザー以外にも法案の危険性を伝えるためのビラを作ってくださった方がいます。

児童ポルノ禁止法改正案(組織に不都合な人物を簡単に不当逮捕するための改正)のビラ
http://f58.aaa.livedoor.jp/~niragobo/bira/bira-ippan.html

↑こちらからダウンロードして、知り合いに渡したり、店に置いたり、ポスティングしたりといろいろ使えます。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



SPA!に逮捕者量産目的のポルノ法改正の記事載ってます
こんばんは。

SPA!(5月20日発売号)に児童ポルノ法改正案についての記事が載っています。この法案。本家の国連の機関だと勘違いしそうな名前の「日本ユニセフ協会」の親善大使アグネス・チャンが記者会見して、法律の改正を強調したという印象的なものでした。このユニセフ協会は募金額の何割かを経費として徴収しているなど、検索すれば不透明な部分の指摘がいくらでもでてきます。(募金するなら、黒柳徹子が親善大使の本家のユニセフへ。ここなら、経費をとられず無駄の無い募金ができます。)また、アグネス・チャンは某宗教団体と深い関係があることがわかっています。このような点などから、この法律の改正の目的は某宗教団体にとって不都合な人物を容易に罪人に仕立てあげて、社会的に貶めることが目的だと推測できます。

なので、常識的な判断で多くヒトが法案に反対するのは当然の流れ。賛成するのは、関係者とかそういうヒトがほとんどだと思います。

人権擁護法みたいに、報道ロックがかけられて、ネットとかで地道に周知するしかないのだろうか・・・と気が遠くなる思いがしていましたが、SPA!が記事にしてくれました。ありがたいです。もっとたくさんのメディアで取り上げて、おかしな法案はゴミ箱へ。

とてもよく出来た記事だと思うので、ぜひ立ち読みではなく買ってください。圧力もあるだろうに、そこを頑張って記事を出してくれたのだから、買うのは礼儀。今後への期待や支援の気持ちもあります。

見出しだけ一部抜き出すと

「海外では冤罪事件と理不尽な逮捕が横行」
「リビングの共用PCで家族全員逮捕の危険」
「被害者へのケアが欠けている法改正」

などです。しっかり調べて、勉強して反対の声をあげていきましょう!

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban


チベットTシャツでウロウロしないでください
掲示板で次のような書き込みを見つけました。

(以下引用)


独り言だけどさ
俺25日の日曜日にフリチベTシャツ着て渋谷をウロウロしようと思ってんだよね
12時から18時くらいまでウロウロして中国大使館前の笄公園のキャンドルライティングに
行ってこようと思ってんだよね

でもさ
俺と同じこと考えてる奴が1万人くらいいたらデモみたいになっちゃうよな
それって渋谷がちょっと大変なことになっちゃうからよくないよな
だからお前ら真似すんなよ
絶対に真似すんなよ
絶対に真似すんなよっていろんなところに書いといてくれよ
頼んだぞ


(引用終わり)

こんなことしちゃ絶対ダメですね。今から、急いでTシャツを注文したり、買いに走っても遅いですよ。北から北海道、南は沖縄まで全国各地で誰一人とてこんなことをしてはいけません。この書き込みをどこかに書いてもいけませんし、友達に教えてもいけません。

忘れないように書いておかないと、やってしまいそうなので、とりあえずメモとしてここに書いておきます。でわ。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



奈良セントくんにかわるキャラ投票(~5月25日まで)
奈良の遷都1300年のマスコットキャラ、セントくん。大仏様の頭からにょっきり鹿の角が生えてるのを見たときは、それはもうびっくらこきました。インパクトはありますが、「マスコット」としては0点です。作者様の絵が悪いと言っているのではありません。これをマスコットとすることを秘密裏に決めた人たちが悪いのです。こんなキャラのぬいぐるみや携帯ストラップをもらおうものなら、すぐに新聞にくるんでゴミにだします。だって、気持ち悪いし、持ってるの見られたら恥ずかしいでしょ。こんな風に考えているのはきっとたくさんいるはず。って、ことで自分たちで新たにマスコットを決めよう!という投票が現在行われています。たくさん候補があります。ぜひどうぞ。投票期間は2008年5月19日(月)から25日(日)までです。
http://creators-yamato.net/vote/kiyoki.cgi


プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



わかりやすい人権擁護法案のムービー
人権擁護法案。

国民はまったく擁護せず、特定の宗教団体、特定の国の人たちだけが守られる法案です。もし、この法律が通ったら、日本国民は言論の自由がまったく失われジ・エンド。中国人が大量に移住してきて日本は中国の何番目かの“省”になります。外国人参政権とセットで成立させようとしているところがポイントです。中国人や宗教団体への批判をすべてシャットアウト。さらに、参政権を与えて、日本の国を外国人がコントロールできるようになったら、日本の乗っ取り、制圧完了です。したたかになれば、戦争なんかしなくても外国を侵略できるってことです。すでに、“静かな戦争”始まっています。

この日本を中国に差し上げるための法案をどうしても通したい国会議員というのがいます。彼らは、どこか後ろめたい気持ちがある表れだと思うんですが、表に出して堂々と審議することも無く、タイミングを見計らってドサクサ紛れに国会を通そうと画策しています。

自民党の一部議員、民主党の一部議員、公明党全議員(←理由はアレですよ)。あなたの選挙区の議員がまず法案に賛成か反対かを調べてください。そして、反対だとあなたの意思を彼らに伝えてください。

人権擁護法案が通ったらどうなるの?という方のために動画を探してみました。以下どうぞ。



プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



アンケート:質のいい科学番組があったら?(2008年5月30日まで)
こんばんは。

またまた、アンケートです。
コメントと一緒にニックネームもお願いします。メルマガでコメントが紹介されたときに、「あ、自分のコメントだ!」って一発でわかります。今まで使っていたアンケートシステムが不調なので、最近システムを変えたんですが、メルマガからは一度アンケートページに飛んでからじゃないと投票できなくなってしまいました。今までは、メルマガ上で選択肢を直接クリックできてたんですが。この、「一回のクリック」が増えたというだけで、参加者が5分の1になってしまったのです。あぁ、悲しいです。あぁ。参加者の目標は100名です。簡単なのでどうか参加をお願いします。面倒くさければ(←すいません)、コメントなしで投票だけでもいいので、よろしくお願いします。






↑コメントの後にはニックネームもお願いしますね。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



【「日本国民フォーラム」発足記念総会】のご案内 2008年05月29日
フォーラムの案内を以下転載します。おそらく筆者は時間の関係で行けませんが、ご都合の付く方はぜひご参加ください。新聞・テレビの大手メディアは中国に“占領”された長野聖火リレーや、日本人を守らない日本の警察を伝えませんでした。マスコミは日中記者協定により、中国の“悪口”を言わないと約束して、こちらはそれをしっかり守ってるのです。

(以下転載)


「日本国民フォーラム」発足記念総会(最高顧問 衆議院議員 平沼赳夫) 開催日時 2008年05月29日(午後6時~8時半〔開場午後5時半〕)
開催場所 東京都(品川区民センター「きゅりあん」小ホール)
【「日本国民フォーラム」発足記念総会】のご案内
http://trans.ne.jp/masato/nihonkaizou.htm

●最高顧問 衆議院議員     平沼赳夫●
(元経済産業大臣)
●代表   帝京平成大学教授  米田建三●
(「ビートたけしの TVタックル」「太田光の私が総理大臣になったら」等に出演する論客)

日時:平成20年5月29日(木)
    開場:午後5:30
    時間:午後6:00~午後8:30

会場:品川区民センター
    「きゅりあん」小ホール
    住所:東京都品川区東大井5-18-1
    TEL :03-5479-4100

会費:1000円

交通:JR京浜東北線 大井町駅すぐ

記念講演:衆議院議員平沼赳夫先生
     特別ゲスト:海外同憂有志 他多数

平田文昭(アジア太平洋人権協議会)先生からのメッセージ
---------------------------------------------------------------------------
中国国旗に埋め尽くされた長野市。
日本でのリレーなのに日本国民を排除したような沿道と到着地。
北朝鮮の万景峰号入港時の新潟港や、日本国会議員による上陸調査も許されない尖閣諸島と同様の状態が出現しました。
日本政府は日本国家と国民の利益を守るために機能せず、中国への御奉仕に余念がありません。
中川秀直代議士は秋の臨時国会に移民促進法を提案するといっています。
50年で1000万人!(1年で20万人。)
その大半が中国人となるのは明らかです。
このままでは私たちの世代で日本は消滅します。

一緒に立ち上がりましょう。
貴殿のご参加を心から願ってます。
---------------------------------------------------------------------------

お名前、ご連絡先(メールアドレスなど)、ご同伴人数などをお書き添えくださると有難く存じます。(座席確保のため。)
連絡先メールアドレス(事務局):jpn.hirata@nifty.com


プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



アカハラの知名度はかなり低い
某ハンバーガー屋さんはどこの店でも周辺に空き袋のゴミが落ちてる今日この頃ですが、みなさまいかがおすごしでしょうか。

ちなみに、さすがに店の目の前くらいはやるでしょうけど、店員さんが少し離れたところでゴミを拾ってる姿を見たことがありません。店の中から見えないところは他人の善意(外部の人件費)に頼っているのでしょうか。さすが、「店長」の肩書きを有効活用して残業代不払いで人件費を抑制しているだけのことはあります。

ところで、先日、メルマガでアカハラ(アカデミックハラスメント)という言葉を知っていますか?というアンケートをとったら、

知ってる。 (32票) 43%
知らない。 (42票) 57%

という結果でした。母数が少ない(アンケート参加者が少ない)のは筆者がまだまだ至らない点があるためですので、ご容赦ください。一般にアカハラについてのマスコミ報道や一般の話題として上がらないのは、たぶん知名度がないからだろうと予想していたので、確認のためでもありました。やはり、結果は予想していた通り、過半数が「知らない」でした。たとえ「知ってる」と答えたとしても、それは「アカハラという言葉を知っている」ということなので、意味まで知ってるか?という質問に変えたらおそらくYesの回答は1~2割だと思われます。実際、自由コメントの中には「セクハラ」と混同していると思われるものもありました。(コメント頂きましたみなさん、ありがとうございました。)

なぜ、ここでアカハラを持ち出したかというと、あんまり大きな声では言えませんが筆者はアカハラに遭ってひどい事になった経験があり、それから時間が経ったのでそのような経験をそろそろ記憶からアウトプットしてもいいかな、と思い始めたからです。おそらく、今もどこかの大学でアカハラは起きてるでしょう。でも、その話を当事者以外が耳にすることはありません。当事者は誰にも話ができないからです。そして、一人で悩み耐え続けるのです。

筆者は幸いにも新しい環境でノビノビとやらせてもらってるおかげで、精神的にも余裕が出てきましたので時々、どんなことがあったのかを書いていこうと思います。もう何年も前なので、会話の一字一句まで覚えてる訳ではありませんが、書いた文章が少しでも役立ってくれればこれ以上の喜びはありません。

ブログのカテゴリに「アカハラ」追加しますので、そちらをクリックして頂けるとこのテーマについての記事がまとめて出てきます。更新はマイペースに時々ですがよろしくお願いします。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



大腸菌垂れ流しは本当に解決か?
こんばんは。

数日前。某大学で遺伝子組み換え大腸菌を処理せずに、そのまま流していた事件の続報が新聞に載っていた。その記事によると、

・排水を調査したが環境への漏出はなかった
・研究室の学生などへのアンケートでは違反等を申告する者はいなかった
・よって、事件を起こした研究室以外に違反はなかったとし、発覚以来の実験制限を解除した


とのこと。ここでね。気になるんですよ。二番目の「アンケートに違反を書くヒトがいなかった」ってことが。これは単なるロジックで、「違反を書かない」=「違反がなかった」ということではない。

大学と聞くととても大きな組織だが、研究室というのは他から隔離された小さな空間にすぎない。そして、研究室を取り持つ教授は、良く言えば中小企業の社長。悪く言えば独裁者。学生や部下が生きるも死ぬも、教授が命運を握っていると言っていい。奨学金の申請にも教授のハンコがいるし。学会で発表するのも、論文を出すのも多くは教授の一声で決まる。大学院を修了できるかどうかにも、大きく影響する。

つまり、教授に嫌われたら悪いことはあっても、いいことは一つもないのだ。そんな閉鎖空間で「アンケートで違反は見つからなかった」って?バカ言ってんじゃないよ。まったく。正直に書くわけないじゃん。

また、その新聞記事も文面から判断すると大学が発表したことをそのまま載せた様子で、記者による独自の検証はない。記者クラブでの警察発表をそのまま垂れ流す悪しき習慣で、冤罪のヒトの名誉が傷つけられたりという問題があるが、やっぱり身に付いた報道方法って変わらないだよな。

例えば、OBとかなら、すでに研究室を出て現役の学生ほどがんじがらめの制限がないから、いろいろ話せるはず。記者は取材して彼らから話し聞いたの? 大学の調査チームもOBにアンケート用紙送らなかったの?

一方は調査する振りだけして丸く納めようとするし、一方は追求が甘いし。今回はその他の違反がうまく表に出ずに済んだだけだけに違いないし、そのうち隠してたことがバレて大騒ぎになるのは目に見えている。自ら姿勢を正すチャンスを放棄するなんてナンセンスだ。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



マライアさんのアルバム E=MC2
Natureにマライア・キャリーさんの記事が載ってました。( 2008年4月24日号)

彼女が最近、E=MC2 (←E=M×Cの2乗)というアルバムを出したらしいです。筆者はそんなアルバムの存在自体、全然知りませんでしたが、この式はアインシュタインの特殊相対性理論で導き出した関係式。

(エネルギー)=(質量)×(光の速度)の2乗

ということ。マライアさんて、実は物理に精通してるのか? アインシュタインへの敬意? いやいや。彼女によるとこのアルバムでのE=MC2の意味は

Emancipation(束縛からの解放)=Mariah Carey ×(カケル) 2

なのだそうで。ニュースでは、「彼女が次に曲を出す前に、誰か数学を教えてやれよ。」としめてます。

Natureいいなぁ。普通の読み物にもなるし。日本でもこういう雑誌つくればいいのになって思います。アジアのいろんな国から、論文投稿してもらったりして。科学分野で日本がアジアのリーダーのポストを狙うにはいいアイデアだと思うんですけど。最近、シンガポールの研究環境がいいとかいうことで、人材が流れてるみたいだし。ま、理由は日本の科学者は、研究以外に雑用が多すぎるんですよ。そういうのを、なくしてくれてる国とか研究機関はやっぱり人気がありますよね。その点では、日本はダメダメ。研究者にペーパーワークばっかりさせちゃ時間とお金の無駄だよ。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



アンケート(~5月25日まで):科学者と一般のヒトの距離は?
メルマガで実施中のアンケートです。ご協力お願いします。
頂きました回答とコメントは次号のメルマガに掲載します。
コメントは200文字まで入力できます。


☆日本で、科学者と一般のヒトの間の距離って?
1、遠いと思う。
2、近いと思う。

http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=browse&uid=666363&no=3
(↑回答ページです。締切は2008年05月25日)

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban



学費。外国人は無料。日本人は有料。
休み明けに早速やらかしました。プラスミドを酵素で切って、ゲルで電気泳動。で、泳動を止めて見てみると。見たいバンドがない・・・。泳動しすぎたみたいで、ゲルを突き抜けてどこかに行ってしまった模様。また、酵素で切るところからやり直しな筆者ですがみなさまいかがおすごしでしょうか。

今日は、腹立たしいニュースを見つけたので簡単に紹介します。

(以下引用)
中国に無償協力5億円=行政官の日本留学支援

 政府は7日、中国の人材育成奨学計画に対し5億7700万円を上限とする無償資金協力を実施すると発表した。2009年度から2年間、中国の外務省や財政省などの若手行政官48人が日本の大学院に留学するのを支援する。高村正彦外相と陳徳銘商務相が同日、都内で書簡を交換した。(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080507-00000048-jij-pol
(引用終わり)

これはつまり、外国人(中国人)を無料で日本で学ばせようということ。別に中国人がダメでアメリカ人ならいいとかそういう次元の話ではない。

日本の大学院生は


学生支援機構という名の教育ローンを何百万も背負って


勉強してるんだ。どうして、未来を担う自国の学生を省みず、外国人を大切にするんだ。話がおかしいじゃないか。こんな外っ面だけいいフリするくらいなら、いっそ中国で帰化してそこで政治やって、そこで骨を埋めるなんてどうですか。怒れ学生! ついでに学費も安くしろ!

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban


 


人権侵害に抗議する各種ビラ原稿
こんにちは。
GW前半に体調を崩してしまい、やりたいことが全然できなかった不完全燃焼どころか未燃焼な筆者ですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。連休明けというのは、まぁ、頭がフルでは回らないというのが通例で、以前は

顕微鏡用のカバーガラスを消毒液の入ったバケツに落とし、バケツの底で完全に水と同化して結局見つけられず。消毒液を流して、新しいのを作る方がガラス代よりも高いし、面倒くさいので放置。

ガラスピペットを使うときは、まずサラッとバーナーの火で軽くあぶるのですが、プラスチック製のディスポ(使い捨て)のピペットを使うときにボンヤリしていると、いつものクセで同じようにバーナーであぶってしまい、先端がグネッと溶けてしまったり。

と、ろくな事がなかったので、気を引き締めて実験するか、失敗することを見越して開き直って最初から実験しないことを選択するか。悩ましいところでもあります。

ところで、このところ政権与党で言論を弾圧しようとする動きが活発ですが、国家権力がサイトの良し悪しを判断すること(※いわゆる検閲)でネット閲覧規制を導入し、ネット上から不都合な情報を取り除こうとする通称「青少年ネット規制法案」を全身全霊で推進している動力源、高市早苗議員のインタビューが載っていました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080502/155019/

この法案は「青少年~」というお面をかぶっていますが、お面を外せばそれはすでにテレビや新聞が権力の統制下にあるように、現在は自分たちが統制できないネットも管理下に置きたいというのが本音。不都合な人物を社会的に陥れるための、児童ポルノ禁止法改正案もそうですが、それらに共通するのは、組織の維持のためには人権など省みない、言論の自由なんて関係ないという姿勢であり、バックに某団体が控えているというのは想像に難しくありません。

また、人権擁護法案は一般国民の人権を剥ぎ取って、一部の民族や団体に特権を与える法律ですが、月刊テーミス5月号によると各地域に人権擁護委員会を設置することにより法務省の天下り先が大量に確保されるため、一部団体と法務官僚の利害が一致したという趣旨のことが書いてありました。そこは国民不在。法務官僚が国民の人権を一部団体に売り渡し、自分たちの利権を拡大させる構図が見て取れます。そのような行為をすればどうなるのか。日本を席巻している慢性想像力欠乏症がこんなところにも悪影響を及ぼしています。

日本を一部民族、団体の従属国家にさせようとする動きから救う唯一の方法は、選挙によりそのような思想をもつ議員を振り落とすことです。まず、地方議員、国会議員を問わず、あなたの選挙区の候補者についてよく調べてください。そして、選挙の日に怒りを爆発させて頂ければよいと思います。

ただ、政権与党の動きは選挙のその日まで止まりませんので、悪法を成立させないための時間稼ぎのための活動が必要です。本当に日本の将来を考えている議員には、電話でも手紙でもファクスでもメールでもいいので、自分の考えと激励の意を伝える。世論を見極めようとしている中立派議員にもきちんと考えを伝える。日本を一部団体に売り渡そうとしている、国民が必要としていない議員にははっきりと 「反対!」 と伝え、世論の怖さから「この法律を通せば次の選挙で落選するかも」という印象を抱かせれば推進力はかなり弱まるでしょう。

またネットユーザーならそれなりに情報を取捨選択して得ることができますが、テレビや新聞しか見ないオフライン派の人も巻き込まないといけません。そこで気軽にできる活動が法案の危険性を伝えるビラの配布やポスティングです。人数が集まるようでしたら警察に申請した上で街頭でのビラまきもできます。ただ、そんなに大きく考えなくても、近所や通り道のポストにビラをポスティングするというのも気軽にできる一つの有効な手段だと思います。もし、近所の目が・・・という心配があれば電車、バス、自転車などでちょっと足を運べば解決します。

配布するビラですが、すでに作ってダウンロードできるようにされているものもありますので、自分でつくらなくても大丈夫です。いくつか紹介しますね。

人権擁護法案のビラ
http://nishimura-voice.seesaa.net/article/88429083.html
(↑週刊新潮、週刊文春などに意見広告として出された原稿です。)

http://wiki.livedoor.jp/pinhu365/d/%a5%dd%a5%b9%a5%c6%a5%a3%a5%f3%a5%b0
http://www.geocities.jp/jinken2005jp/index.htm

児童ポルノ禁止法改正案(組織に不都合な人物を簡単に不当逮捕するための改正)のビラ
http://f58.aaa.livedoor.jp/~niragobo/bira/bira-ippan.html

毎日新聞のエロ英語サイト問題
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/upload/13.html
http://www.flickr.com/photos/28114001@N05/

外国人参政権のビラ
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/bila.htm

在日特権のビラ
http://www.zaitokukai.com/modules/about/bira/01.html

フリーチベットのビラ
http://www.tibet-k.net/pc/index.php?option=com_docman&task=cat_view&gid=34&Itemid=50

筆者が賛同しているかどうかはここでは置いておいて、知っている限りを載せておきます。あなたの考えに合うものを選ぶということが、活動を続けられるポイントだと思います。他にもアップロードされている原稿がありましたら、リンクさせて頂きますのでご一報ください。

最後に印刷についてです。もし紙を選ぶことができるのなら、うすい緑とかうすい黄色とかうすい青とか淡い紙がよいです。街頭配布でも受け取ってもらいやすいですし、ポスティングの際もゴミ箱に行く前に読んでもらえる確立が上がります。余裕がなければ白でも大丈夫。何もしないよりかは断然いいです。

印刷方法ですが、ちょっとだけポスティングするとか、印刷枚数が数十枚レベルならインクジェットで十分です。でも100枚を超えるようですとインクカートリッジがカパカパ減るので他の手段を考えないといけません。例えば、両面印刷機能がついたレーザープリンタはコスト、印刷品質、印刷にかかる手間において、インクジェットよりも断然優秀です。もし、輪転機などを使える環境でしたら環境に甘えて有効活用しましょう。印刷したビラは表が見えるように二つ折りにします。ヒラヒラしないので街頭配布やポスティングの効率が上がります。

日本を世界に誇れる国にするため、できることから始めましょう。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。