バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「クロレラで病気が治る」という広告
新聞の折込広告を見ていたら「クロレラ療法うんちゃらかんちゃら」と書いてある広告を見つけました。

トップには「がんこな慢性病でお悩みの方へ」の文字。筆者も慢性正義感強すぎ病なので読んでみることにしました。まず、目をひくのは「アトピー性皮膚炎」「パーキンソン病」という表題とそれに続くクロレラ療法の体験記です。一見、「クロレラを飲んだら病気が治るんだ!」って感じるように巧妙につくってありますが、広告主自身が書いた文章としては「病気が治る」という効果・効能は一切書かれていません。このような第三者の体験記の形にしているのは薬事法の規制を逃れるためです。と言いつつも、次の理由で逃れてないんですけど。薬事法は、はっきりと「OOに効く」という明示的な広告でなくても、「効く」ということを連想させるような暗示的な広告も禁じています。つまり、上にあげたクロレラの折込広告は厳密に言えば、薬事法68条が禁じている「未承認薬の広告」にあたり、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金または両方が科されます。

この広告のオモテ面の中央の体験記のタイトルは「原因不明の湿疹・アレルギー体質・椎間板ヘルニア」です。何の関連性もないこれらの症状。クロレラを飲み始めて2ヶ月ですべて治ったそうです。スゴイネ。クロレラ。ここの広告に写真つきで載ってる販売責任者らしき人物はノーベル賞受賞候補ですね。この話が本当だったらね。

ところで、筆者も含めそれぞれの研究室では膨大な時間とお金をかけて地道な研究を続けています。製薬会社も一つの薬を開発するのに、数十億~数百億円のお金をかけています。もし、クロレラを飲んで病気が何でも治るなら製薬会社がそんな金の成る木を放っておく訳がありません。つまり、飛びつかないということは「クロレラに病気を治す効能などない」ということ。ということは、かの広告はどういうことかわかりますね。いや、こんな解説しなくても、ちょっと考えたらすぐにわかると思いますが、ホントに病気に悩んでるヒトは藁にもすがる思いで試してしまう。だから、こういう商売とか広告がなくならないんでしょう。

最後に。広告に「学術報告」として、某学会の学術集会で「クロレラに抗炎症作用がある」という研究結果を発表したといかにも誇らしげに示しています。(じゃ、抗炎症薬も、どの病気にも効くんだね?ん?) でも、学会発表は信用性で言うと最低ランク。学生の研究発表の練習のために、適当な持ち合わせのデータで発表することもあります。学会では、発表者が好きなことを発表できるのでこんなことをいうのもなんですが、結構いい加減です。こういう事情を知っているヒトが見たら、また広告にバカなこと書いてる、と思えますが、何も知らないヒトにとってはそうではありません。そのようなヒトを欺こうとする悪意を練りこんだ広告。

もし、このような広告を見かけたら、広告主の住所を管轄する警察署へ。実害例がないとなかなか動いてくれないかもしれませんが、届く声の数が多ければデカさんも何か考えてくれるでしょう。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

あれ・・・日本の国旗どこ?
毎日新聞社がどの国の新聞社かがよくわかるニュース記事の写真。
http://mainichi.jp/select/today/news/20080731k0000m030138000c.html

ここまではっきりと示されると苦笑。

日本の国旗はどこ行ったの?

元気づけにプチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ



うっかりの効果でてそうですよ:毎日新聞の集金で
毎日新聞者の変態・捏造記事問題を他のマスコミが全然伝えないため、(「うちもやられたらたまらん」と尻込みしてるのか、民族問題とか宗教問題とかからんできてややこしいから報道しないのか知りませんけど)ネットで知った人たちのうっかり活動で、知らない人たちに教えてあげることが始まって一ヶ月以上がたち。

目に見える効果は、

・毎日新聞のサイトが自社広告だらけになった
・新聞紙面の広告が特定企業やあまり聞いたことのない企業のが増えてきた
・ドコモのiチャンネルのニュース配信元が変わった

など。そして、一番気になるのはやはり

購読者数はどうなってんの?

てこと。まあ、毎日新聞の販売店に知り合いでもいれば聞けるんだけど、残念ながらいないし。でも、この前毎日新聞の集金のおばちゃんが来たときに「これは相当減ってるな。」と感じました。うちの家は複数紙とってるんですが、今月はまず某新聞社の集金のおばちゃんが来ました。恰幅がよくて、大声でお腹を抱えて笑いそうなヒトです。なんかご機嫌に鼻歌でも歌ってそうな感じで集金。おつりをくれて「ありがとうございました~♪」と帰って行かれました。

そして、しばらくしてピンポンがなったので、出てみたら毎日新聞の集金のおばちゃんです。扉を開けたら「ハァっ・・!」って感じで後に飛びのかれました。扉が開くのわかってるでしょ?にしても、なんかオドオドしてる感じで。千円札を4枚渡して、お釣りと領収書をもらって扉を閉めるまで、なんかずっとオドオドされてました。

これは、想像ですが。

集金に出向くと色んな家で「毎日新聞、今月一杯まででいいから。」って言われてるんじゃないでしょうか。わざわざ、営業所に解約の電話入れるのが面倒くさかったり、それをするのが忙しかったりしたら、集金のついでに「じゃ、今月までで」って伝えることになると。毎日の集金のおばちゃん、今にも泣きそうな顔だったけどきついこと言われたりとかしてるのかもしれません。悪いのは毎日新聞社の記事を書いていた記者や責任者たちで、おばちゃんはちっとも悪くないから、ちょっと申し訳ない気分になりつつも。おばちゃんには他紙の販売店に再就職してもらうとして。

筆者も、微力ながら時々ブログに書いたり、ビラをうっかりしたり。メルマガの次号でも軽く触れる予定です。

すいませんね。このクルマ、ブレーキついてないんです。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


アンケート締め切り
アンケート参加よろしくお願いしまーす!

顕微鏡、今でも使えますか?




毎日新聞自虐ネタ?タイトルに苦笑。
ここんところ、ここのブログも毎日新聞三昧って感じですが、健康ネタも用意してるので気長に待ってやってください。

ご存知の方もおられるかとは思いますが、毎日新聞の英語サイトの捏造記事の中には、「少女美人局にひっかからないための秘密情報」と称して、未成年売春を違法に楽しむための情報が掲載されていました。そこには、ご丁寧にも、もし警察にバレたときの言い訳まで載せていました。

記事全文と対訳はこちら⇒ http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/80.html

まとめると、こんな感じです。

1.未成年は避ける。
2.メールで顔文字や絵文字を多く使う少女は避ける。
3.少女に年齢を教えてくれるようにし向け、18歳以上であると明記したメールを送って貰う。
4.待ち合わせ場所には、待ち合わせ時間よりも早く行く。
5.少女があなたの好みかどうかを隠れた場所からチェックし、少女があなたがいない間に何をしているかを観察する。
6.待ち合わせの場所を前もって訪れておき、逃走ルートを確保しておく。
7.少女が未成年だった場合、友達が近くにいて彼女がそれを終えて帰ってくるのを待っている場合があるので気をつける。
8.少女が美人局の場合は、男が近くにいる場合がある。
9.美人局は、近くのファミレスやコンビニで待っていることが多いので、疑わしいと感じたらその場所をチェックしろ。
10.ホテルに行く時はかならず別々に入り、できれば出る時も別々に出た方が良い。
11.車で行く時はナンバーを覚えられないように、離れた場所に駐車せよ。


以上の11項目、ライブドアニュースより。http://news.livedoor.com/article/detail/3705775/

つまり、毎日新聞社は外国人に「日本の少女を買え!」と薦め、その方法を指南していたということです。同社にとってみたら、日本人が苦しむ姿が快感なのかもしれませんね。え?なんでかって? 日本人じゃないヒトが内部に居たり、外部から操ったりしてるんじゃないですか?

そんなこんなで、7月18日付けの毎日新聞朝刊をみると、アフリカの記事が目を引きます。内戦で国内が滅茶苦茶になり、「難民だという親子の写真」が載っています。で、その下のロゴみたいなタイトルを見たら


子ども救援キャンペーン30年 

家路を探して 中央アフリカ・スーダン報告




なんて、書いてあります。日本の子どもは買春を薦めて傷つけまくるけど、アフリカの子どもは救いたい? 毎日新聞さん。ジョークが高等すぎてワタクシはついていけません。


プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

選挙制度について質問をされた方へ
件のブログ記事は、雑誌か何かを読んで書いたはずなんですが、それが何だったのかがどうしても思い出せません。別資料にあたって確認はしますが、筆者の専門外の分野なのでその資料からのまるまる引用という形での回答になると思います。もしきちんとした内容が必要でしたら、大学の専門の先生にメールか何かで聞いてみてください。ということで、筆者からの回答はもうしばらくお待ちください。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


ヒトを罵り無知を晒す
みなさま、ご無沙汰しております。メルマガの方も間が空きましてすみません。

今日のブログは、まぁ、腹が立ったというか、呆れたというか。そんな話です。

ここを読んでくれているヒトはわかってると思いますが、人権擁護法案のバックにいる団体。外国人参政権のバックにいる団体。ポルノ単純所持禁止で言論封殺を目論んでいる団体。それぞれをフローチャートで結んでいくと、共通項として毎日新聞社が現れます。書くことをさけようとしても、あまりに密接すぎてそれはできません。ポジションとしては、曲がりなりにも大手マスコミの一角なのでそれぞれの法案を進める上でのPRが役割です。つまりですね、毎日新聞社が倒れるということは、それらの法案を成立させるための重要な機関を某団体群が失ってしまうということ。これは、私たちにとってはかなり強力な一手ですよ。

しかもですね。人権擁護法案反対!とか外国人参政権反対!とか叫ぶと、政治色が色濃いので表立って活動できないヒトもいるでしょうし、嫌がらせを受けるんじゃないかと心配にもなります。(筆者は暗に恫喝を受けた経験もあります。)また、ポルノ法改正反対!なんて言ったら、何も知らないヒトから見たら「あいつ変態だったのか。」と思われそうでこれも表立って活動しにくいかもしれません。現状としては、危機が差し迫ってる中でのそんな心配は、危機感が足りないか甘えているとしか思えませんが。

しかし。

毎日新聞社が英語ニュースでとんでもない情報を垂れ流していた事件について周知することは、まったく政治色がありません。「変態」とレッテルを貼られることもありません。むしろ、小さな子どもや海外旅行に行かれる方からは感謝されます。毎日新聞社がニュースを流していたのは紛れも無い事実なのですから、その事実をヒトにただ伝えるたけでいいのです。誰もが動けるこの「伝える」という行為だけで、某団体群の宣伝チャンネルを壊滅させることができるのです。

それで、筆者はここのところ毎日hentai記事事件の情報収集に重点を置いている訳ですが。人権擁護法の反対活動をしているヒトから「毎日の件とこれは無関係だから」と暴言を吐かれまして。「無関係だから余計なことはするな」と。全然、無関係じゃないですよ。筆者も、お金や時間を持て余してる訳じゃないんで、そこまで言われると「じゃ、好きなようにすれば?」と。この大事なときに味方が離れるようなことを言うなんて、信じられませんが。ひょっとして内部工作員? まぁ、どっちゃにしてもいいや。もう、会うことないし。

元気づけにプチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ



SPA! 7/15日号(7/8日発売)に毎日(hentai)英文ニュースの記事
タイトルの号に毎日英文ニュース問題の記事が載ってます。ポルノ法改正案のとんでもない問題点についての記事も書いてくれたし、SPA!の株が上昇中です。ってことで早速買ってみました。毎日新聞の英文記事がHentaiすぎて、なかなか普通のメディアで伝えるのが難しいですが、「毎日新聞社がとんでもないことをやらかしてくれた!」ってことだけでも出来るだけ多くのヒトに伝えないとね。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ



毎日新聞にはこんな無礼な記者がいます。
毎日新聞社の英文Hentai記事問題。ホント、毎日新聞のロゴ見たくないので、早く廃業して欲しいです。

今年かな。日本ユニセフ協会(国連のユニセフとは無関係。しかも、募金したら何パーセントかマージンをとられる。そのマージンを使って、25億円かけて自社ビルを建設。)のアグネス・チャンの児童ポルノ単純所持を禁止しろという記者会見がありました。

そんなこんなで、6月には毎日新聞が「単純所持を禁止しろ」という連載記事を載せました。児童ポルノを単純所持禁止すると、家にある家族写真でさえ処罰の対象になるし、不都合な人物をハメて逮捕することも簡単だ。それが、ホントの目的なんだけどね。そんな重要なことを無視して「禁止しろ」という乱暴なプロパガンダ記事。

これは毎日新聞と日本ユニセフ協会は裏でつながってるな・・・という思いを強くしました。そうしているうちに明らかになったのが、英文Hentai記事。アメリカ駐日大使のシーファーさんが「日本はポルノ大国だから、単純所持を禁止しなさい。」という外圧が、日本ユニセフ協会の会見より前にあったらしいですが。どこかにあったデータを見た限り、日本は諸外国に比べて、未成年への性犯罪はむしろ少ない。で、なんで「ポルノ大国」なんて言い出すのかと思ったら、毎日新聞が海外にHentaiニュースを流していたから、なのかもしれません。というか、それしか考えられないのですが。

毎日新聞がHentaiニュースを流す。⇒ 日本はポルノ大国だと海外に印象付けられる。⇒ 「対策をしろ」と外圧が来る。⇒ 日本ユニセフ協会が単純所持禁止を言い出す。⇒ 毎日新聞が単純所持禁止の援軍となる連載プロパガンダ記事を掲載。


毎日新聞と日本ユニセフ協会のバックにいるのは、某宗教団体です。某宗教団体のバックにいるのは韓国朝鮮人です。この図式であなたは何を思いますか?

パチンコ経営者の90%は韓国朝鮮人です。そして、お人よしの日本人の生活が圧迫されるほどにお金を搾取しています。(ちなみに韓国ではパチンコは法律で禁止。どういうことだ。)そして、某宗教団体もたくさんの信者を獲得し総資産は数兆円と言われています。これも韓国朝鮮人による日本人からの搾取です。


これ以上、突っ込んで書くとややこしい人たちが来るかもしれないので、これくらいにしておきますが。

これを読んで、あなたは何を思いますか?


最後に、毎日新聞社の在日朝鮮人記者が会見で質問する動画です。「天皇!」「皇后!」って呼び捨て。独りよがりな質問を8分間も続けています。毎日新聞社はこういう会社だったのかと。英文Hentai記事も“意図”を持って行ったことは確実です。



プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ



毎日新聞問題のパロディbyレクター博士
羊たちの沈黙バージョン。

すごい出来です。ここまでのものがつくれるということは・・・毎日新聞への怒りが広くいろんなヒトに行き渡ってるということです。



プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


デモ「国民の怒りの声を聞け!」に行ってきました
【対中外交】国民の怒りの声を聞け!【言論弾圧】のデモに行ってきました。本当に熱かった。気温も参加者の熱気も。ちなみに、筆者はデモ参加は初めての経験。当日の朝、本気でお腹が痛くなりました。なんて、チキンな。そこをぐっと踏ん張って集合場所に向かいました。

集合場所は「芝公園の23号地」。地図を印刷してカバンに入れてたはずなのですが・・・ない・・・。早速、テンパッテきた筆者。アワワ。合流できなかったらどうしよう。でも、どこかに「東京タワーに向かって歩こう!」って書いてあったので、とりあえず東京タワーに向かってみる。

07051


ついでに、昼食もここで食べることにしました。カレー屋さんのメニューを見ると、お値段1000円~より。ム。1000円あったら、二日分のカレーが作れるじゃないかとおそば屋さんに変更。でも、味は・・・。接客も・・・。元気出さなきゃと自分にエールを送ってみる。昼食後に外に出てみるとおサルさんの芸をやってました。

07052


にしても、集合場所どこだ?と数分歩いたら、広場にヒトが集まっていたので胸を撫で下ろしました。

07053


公園に入るとシュプレヒコールや注意事項の書いた紙、うちわをもらいました。うちわ。手作りって感じでキュートです。スタッフのみなさん。お疲れ様です。

筆者の予想としては、1000人くらいは集まると思ってたんですが、ざっと数えた感じ200から300人くらいかな。組織的な動員もなく、個人個人が思いのままに参加してるのだから、そう考えるとこれだけ集まるってすごくないですか?

当初、参加してくださる予定だったベマ・ギャルポ先生はスケジュールの関係で参加が難しくなられたそうで、その代わりメッセージを届けてくださいました。今この瞬間にもチベットやウイグル、内モンゴルで苦しんでるヒトがいるということが思い起こされ胸が熱くなる。そして、日本でも人権擁護法、外国人参政権、児童ポルノ法改正による単純所持禁止で同じことが起きようとしています。

何度かシュプレヒコールの練習などをして、いざ出発!

07054


道路に出る時、お巡りさんがクルマを止めて、デモを車道に誘導してもらいました。車道を堂々と歩けるって気持ちいいですね(笑)


中国に媚びる政治家は支持しない!

人権なくして五輪なし!

人権擁護法案のウソは許さないぞ!

拉致被害者を救出しろ!

フリーチベット!

そして、

日中記者交換協定を廃止しろ!


この協定は、「日本のマスコミが中国の気に障ることを書いたら、中国は中国内にある日本のマスコミの支局を閉鎖できる。」というもの。こんな協定があるから、日本のマスコミは中国についてまともな報道ができないんです。みなさん知ってましたか?

途中で、よく目に付いたのは日テレの送迎バス。

07055


07056


バスに向かって「日中交換協定を廃止しろ!」って叫んでやりました。あーすっきりした。

遠くの方に国会議事堂が見えてきました。

07057


外務省前。

07058


デモが外交問題を叫んでることもあって、写真には写しませんでしたが門の前を塞ぐようにでっかい警察車両が止めてありました。デモが外務省に突入したり、という事態を想定しているようですが。ワタクシたちはそういう団体ではありません。

このあと、日比谷公園に到着して流れ解散でした。

07059


歩いた時間は1時間ちょい。沿道のヒトの反応は、すごい毛嫌いする感じで見てくるヒト1割。お、何かやってるぞとクルマの中や歩道から見つめているヒト8割。お店の中からわざわざ出てきてくれるヒトもいました。そして、手を振ったり声援を送ってくれるヒトが1割。って感じでしょうか。デモのコールに「日中記者交換協定」のことが入ってるので、非常識な協定を結んでるということが公になることを嫌って、マスコミはほとんど報道しないでしょうけど。ひょっとしたら、雑誌とかチャンネル桜とかでは取り上げてくれるかな。取り上げてほしいなぁ。

動画はこちら



プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ



毎日英文記事のためエクアドル在住日本人に命の危険
こんにちは。デモに行ってきました。その報告はまたこの後にアップするとして。

ネット見てたら、エクアドル在住の日本人の方がブログで、「毎日新聞の英文記事のおかげで命を狙われる可能性がある」ということを書いておられました。

一部を抜粋しますと

その発信された虚偽情報の中に「エクアドルで日本人が子供をジャングルに放し、それを銃で狩る」というものがありました。

~略~

エクアドルに在住する日本人であるところの私たちは、この毎日新聞社の発信した記事で将来の可能性も含めて、大変な一般生活上での危険を背負い込む事になりました。エクアドルの現状の治安状態を考慮すれば、相当に由々しき問題と言えます。この件は毎日新聞社が国内、国外に謝罪しただけでは済みません。エクアドルという国名を挙げ、そして、日本人と国籍を特定して、「子供を銃で撃っている」と書いたのです。これをエクアドル人が知ったなら、どういう反応をするでしょうか?

~略~

毎日新聞社は、一体、どんな資格、権利をもって、私たちエクアドル在住の日本人の安全を毀損したのでしょうか?

以上、http://nanmei.at.webry.info/200807/article_1.html より抜粋しました。

外国人へ、性に関して誤った日本人像を植え付けて、日本人女性や子どもが性犯罪にあう危険性を増長させたあげく、真偽不明のニュースで海外在住の日本人を命の危険に陥れた毎日新聞社。

どうやって責任をとるおつもりなんですか?

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




チャンネル桜で毎日新聞問題が取り上げられました
さすが、チャンネル桜。スポンサーと視聴率しか頭にない、某局と違いますね。

ニコニコ動画です。




プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


7月5日のデモに行ってきます
こんばんは。

とうとう明日は待ちに待ったデモ本番ですよ!

このデモは人権擁護法案やポルノ単純所持禁止による国民への言論弾圧に怒れるヒト、チベット問題で中国に何も言えない弱腰な政府に怒れるヒトたちが集結します。どこどこの組織が!っていうのではなく、怒る個人が思い思いの願いを胸にデモを行います。

もちろん筆者も参加しますよ。最初は横断幕でも作ろうかと思ったんですけど、あんまり目立つとカメラに映りそうなので飲み物だけ持って行きます。カメラに映るの苦手なのです。

で、飲み物は何を持っていくかと言えば、ポカリ。飲む点滴、ポカリですよ。

なぜかと言うと体調が底に近いのです。この日のために体調を整えてるはずだったのですが、実験が重なってあまり休む暇がなく。て、ことで口から点滴をコパコパと注入しながら頑張ります。

海外の人権問題グループと国内の言論弾圧グループに分かれるそうですが、筆者は後者のグループに入ると思います。今日は早く寝たいぞ。でも、ワクワクして寝れなさそうな予感も。

デモについての詳細は、こちらのアドレスです。
http://q-web.net/


予定が空けられそうなヒトは、今からでも参加を検討してみてくださいね。お祭りで自分の意見を届けるチャンスですよ。

帰ってきたら、報告をアップしますね。それでは行ってきマース。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


毎日(hentai)新聞は人権擁護法に賛成らしい。不買運動を。
毎日新聞が悪名高き人権擁護法の代替法である「ポルノ単純所持禁止」を早く導入しろと特集を組んでからと言うもの、毎日新聞の記事はどれを見ても胡散臭くなってきて、もうまともには読んでません。筆者も不買に参加したいところですが、hentai記事や御用記事なんかがあったら伝えないといけないので、一応購読は続けて軽く目を通してはいます。

人権擁護法案というのは、本人が「差別だ」と感じさえすれば、相手を好きなように犯罪者扱いできるようにするもの。例えば、こんなのも現実になります。
jinken


ジョークとして笑いたいところですが、部落解放同盟の後押しで推進派議員が息巻いている現実に、とても笑えません。(推進派議員だけでなく、そのバックにいる部落解放同盟にもイメージ最低ですよと圧力をかけていった方がいいのかもしれませんね。)

で、口封じが目的の「ポルノ単純所持禁止」を声高に叫ぶ毎日新聞は人権擁護法案にどういう姿勢なのかというと、なんと


賛成


らしいです。はい。社の名前は地に落ちました。毎日に記事が載ってたんですが(地域により6月30日または7月1日、結構大きな記事ですよ。一面の半分くらい。)どこにも法案に反対とは書いてないんです。

はっきり賛成とも書いてないんですが、遠まわしな言い方で「なんでこんなにいい法案を早くとおさないの?」ってニュアンスをプンプンさせていました。毎日新聞は日本人を変態に仕立て上げたあげく、公器の振りをして憲法違反の法案に賛成をし人権までも奪おうとしています。日本のためにさっさとつぶれろ。毎日(hentai)新聞。


プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


毎日(hentai)新聞の解説動画
ちょいと長いですが、とてもかっこよく仕上がってます。動画はかっこいいですが、毎日新聞の記事は変態でした。



毎日(hentai)新聞問題のビラ
世界中に日本人がエロで変態だと発信し続けていた毎日新聞。

ネットをしないヒトにも問題を教えてあげましょう。

ビラをダウンロードできるページを作ってくださった方がいます。
ということで、アドレスを貼り付けておきます。
http://www.flickr.com/photos/28114001@N05/

で、こちらは記事が原因と思われる日本人被害者のコメント群です。
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/26.html

やばいです。めっちゃ、多いです。日本人を危険にさらす行為を長年続けてきた、毎日(hentai)新聞。多くのヒトにこの悪行を伝えましょう。特に、海外にいる日本人女性、海外に行く予定のある日本女性、小中高の女の子を持つ親たちに。

アンケート:大学の学費は高い?
さてさて。今回もアンケートです。筆者がここにアップしたとということは、はい。もうすぐメルマガ発行です。で、アンケートの参加お願いしますね。コメントも合わせてぜひぜひ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。