バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投票率100%キャンペーン
こんばんは。みなさん、毎回選挙に行ってますか? 筆者は毎回欠かさずに投票してます。正確に言えば、実家に住民票を置いていた時にどうしても帰れなくて、市長選だったか知事選だったかに参加できなかったことはありあますが、その他はパーフェクトです。

にしてもですね。






投票率低すぎるんですよ。




50%とかいうレベルは話にならないですね。有権者の半分が棄権してるとなると、当選者は表面上は信任されてていても、実質的には信任に程遠いですよ。ホントニ。投票できるのが当たり前みたいに思ってるヒトもいるかもしれないけれど、世界を見回すと普通選挙が無い国もある。選挙結果が操作される国もある。

フランスではたくさんの血を流した後に普通選挙が実現してます。(筆者は歴史は苦手なの深く突っ込まないでください。) ところが、日本は戦後にポンと20歳以上の男女が投票できるようになったから、選挙権は尊いものだという実感が薄いのかもしれません。戦争でたくさんの命が奪われているのは事実ですが、権利を得るための戦いで奪われた訳ではありません。






立候補者がつまらない!



その気持ちよくわかります。だったら、白票でも入れて




お前らつまらん!




と意思表示すべきです。自分の名前を書いて投票してもいいと思います。本来なら候補者名を書くべきですが、棄権するよりもはるかにいいと思います。無効票が多いと当選者も冷や汗かくでしょ。

衆議院がいつ解散するかはわかりませんが、衆議院議員の任期一杯の1年半以内には選挙があるのは確かです。てことで、投票率100%キャンペーンやります。日本全国を動かす力は筆者にはないので、とりあえずメルマガの読者さんの中で100%目指します。これは予告です。選挙が近づいてきたら、耳にタコができるくらい投票に行ってくださいと言いますので、どうぞヨロシク。

日本の投票率は低すぎる!と思うヒトは、プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。