バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


顕微鏡で動くものが見たくなった少年
以下、学問的には発生学ですが、見ようによってはシモネタなので、気分を損う恐れがある場合はスルーお願いしますね。ナハハ(汗)

小学生のたぶん高学年だったと思うんですけど。誕生日プレゼントは何が欲しい?なんて聞かれて、いろいろ考えてたんです。すすんでおもちゃがほしいという年齢でもないし、テレビゲームのソフトは、はまりすぎるからとかいう理由で買ってくれないし。少ない脳ミソで考えたあげく、いい子ぶって


「顕微鏡がほしい!」


なんてほざいてみました。ほんと子どもらしくないっちゃ。でも、理科室にあるような本格的なのじゃなくて、おもちゃ屋に置いてあるような


プラスチック製の軽いヤツ


です。はい。小指一本ですーいすい。今じゃ、顕微鏡なんてちょちょいのちょいだけど。焦点の合わせ方とかいざやってみると、結構難しい。ほんとおもちゃなんで、集光が悪くサンプルがよく見えない。そこを何とか踏ん張って、顕微鏡と一緒にセットで入ってたサンプルをすべて目を通しました。でも、そのサンプルはほとんど植物の切片。なんかすぐ飽きてきます。図鑑の写真で見るのと何が違うの?って感じです。折角なんだから、動くものが見たい!


ということで、金魚の水槽の水をちょいとすくい取って、接眼レンズをのぞいてみます。でも、ぜんぜんプランクトンが見えません。う~ん。部屋飼いでプランクトンが育ちにくいのに、金魚が食べちゃうだろうしな。で、さらに考え込んで。


あ、息子を見てみよう!


バカです。バカだったんです。とほほほほ。


(お見苦しいので途中略)


ガラスの上にちょんちょんと付けて、カバーをかぶせます。左目を閉じて、右目で顕微鏡をのぞきます。焦点があってないな。え~と、ステージを動かしてと。

すると。

卵にしっぽが付いたのが、無数にウジャウジャ動いてます。


「スゲー!やっぱり動いてるんだ!」(←当たり前だ)


ゴールがないのに、本当に申し訳ない。息子たち。



うじゃ。うじゃ。うじゃ。


元気すぎて、じっと見れないので、染色液で固定しようと思い立ちました。でも、固定するということは息子たちの息の根を止めて観察するということ。自分の分身のそんな姿を見るのは忍びないので、


水道でジャーと洗い流しました。


やってることは、変わらないじゃないか! それ以来、自分の分身は見てません。家にはもう顕微鏡はないし、ラボで見る訳にはいかないじゃないですか。これ以上マッドになったら、アラレちゃんで出てくるドクターマシリトみたいになっちゃうよ。

今もあのときみたいに、元気に動いてくれるんだろか。

理科大好き!と思うヒトは、プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

[新製品]3R、デジカメ感覚で使えるデジタル顕微鏡

 スリー・アール システムは、デジタルカメラの機能を搭載したデジタル顕微鏡「3R-VT101」を発売すると発表した。発売時期は8月中旬から下旬の予定。税別価格は2万9800円。【写真入りの記事】  30万画素CMOSのイメージセンサーを装備し、1.8型TFT液晶ディスプレイで表示... Newsブログ検索結果BLOG【2008/08/05 10:55】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。