バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あるある実験でつくったCM
ディスカバリーチャンネルを見てたら、どうしようもないCMがあったのので手短に。DHCが足が細くなるという化粧品のような商品のCMをしていました。(商品名は見逃しました。すみません。)で、その商品を女性二人に試してもらって、結果「OOセンチ細くなりました。」もうひとりも「△△センチ細くなりました」とやってます。でもね、

テストって女性二人だけ?

プラセボのコントロールはおかないのですか?

科学の世界じゃ、2人だけで調べた結果なんて、使い物にならない。そんな結果を学会に持っていっても誰も相手にしてくれないし、論文に投稿しようものなら、即日送り返されます。「ふざけるな」っていうコメントも添えてね。

う~ん。このCMって


放送打ち切りになった あるある大辞典2 と同じ構図じゃないか。

自分の都合のいいようにしか、実験しないことを あるある実験 と呼びます。(筆者が勝手にそう呼んでるだけですが)厳密には「実験」なんて呼べる代物じゃないですけど。

体験談と使用前・使用後の写真を載せて「ダイエットにすごい効果!」と宣伝してる怪しい折り込み広告とどこが違うんでしょう。消費者はそのあたりの知識がないからまんまと騙されるだろうという意図がなければ、こんなふざけたCMは作れないでしょう。「これはイメージCMです」なんて言い訳も通用しません。実際に効果があるかどうかはここでは置いておくとして、こんな広告を打ってる時点で、大手企業のモラル、社会的責任はどうでもよく、儲かればそれでいいという方針なのだと思えてきます。

広告でいい加減な情報を流すな!と思うヒトは、プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。