バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド喫茶が流行る理由
週刊東洋経済4月26日号に「メイドカフェが流行る理由」というタイトルの記事が載ってました。

この記事、大学の先生がまじめに書いてるんですよ。でもって、興味を持って読んでみました。

近頃メイド喫茶が流行っているのは、性的な興味やオタクの趣味だという理由だと思いがちだけれど、「自分のことを気にかけて大事にしてくれる~略~自分が大切にされているという幻想に浸る環境に対してお金を払っている」のだとか。昔は日本の企業は家族のように社員を大切にしていたが、最近は「従業員は『モノ』のように解雇しても構わないという意識が広がった」ためだとしています。

先生は「大切にされない仕事で稼いだお金で、大切にされているという幻想を買うという転倒した状況」とまとめています。(以上、カッコ内は該当記事より引用)

筆者はこの記事を読んで、点と点が線でつながった感じがしました。ホント、近頃日本はヒトを粗末に扱いすぎですから。

って、ことで近いうちにメイドカフェにリサーチしに行こうと思います。(店に入る理由ができたぞ。←オィ)

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ban

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
何となく、メイドカフェは、舞妓さんと共通点があるなあ(金額こそ違うけど)。
例えば、

?女の子といっぱいお話がしたい。でもスレている娘はイヤ。

?風俗とか本格的なのは、やっぱり世間の眼がある。世間から見ても許されるぐらいの雰囲気で遊びたい。市民権が得られる程度で。

自分のことを気にかける、自分が大切にされているという幻想を買うというのは一理あります。
メールや携帯で連絡を取り合う機会が多い昨今、直接人と面と向かって話す機会が減ったのは原因と1つとしてあるのではと思う。他人が自分の事をどう思うか、どういう態度を自分が取ったら他人がどう思うかは、直接人と接しないと学べない。
そういうやり取りを重ねて成長する事が、本来人間にとって自然であるのに、却ってそれに新鮮味を持ってしまうような、自然でない事が多くなった結果ではないかなと思います。

デジタルで物事を話す良いツールはどんどん増えたものの、アナログ(人間的なもの)が減った分、そのしわ寄せが出たのかもね。
【2008/04/26 22:29】 URL | かめのこたわし #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。