バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おっと、他大学ですか。
秋。

大学院修士課程の入試の結果が出始める季節です。

モンチッチ大学。
やまのがいる研究室も何人か受験してくれたようです。

受験前。
研究室に見学に来てくれた彼。

「ここが第一志望なので、他の大学院は受けません!」

と元気に答えてくれました。
ところがフタをあけてみると、

「他大学に受かったので・・・」

ちょっとキミ。
ウソはだめだよ。

先生はキミが来てくれると思って、「研究テーマ」とか考えてたはずだよ。

「他は受けない」と言っておけば、そのときの印象は若干はいいはず。

でも、小さな研究の世界では「どこどこ大学・研究所のなになにさん」という情報はすでに多くの人の頭の中にインプットされているので・・・。


入試といった局面を乗り切るための作戦だったといえ、「ウソをついたなになにさん」という情報がプラスに働くわけがありません。

長期的にみるとどうなんでしょう。
他の研究室がもってるサンプルを譲って欲しい。
メールでわからないことを聞いてみたい。
などなど。


とは言うものの。


「他も受けてますが、

ここが第一志望です!」



と面接の度にアピールし続けていたやまの

しょうがないですね。
こういうことは研究室に入ってからわかるんだから。

あは、あはは(苦笑)

初級者~上級者向け英会話講座
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。