バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


反対の声をあげる仲間を増やしてください
このブログは「ラボなライフ」なのに、ここのところなぜ連日、人権擁護法やポルノ法ばかり取り上げるのか。それは、私たち国民全員にとっての危機だからである。非常事態である。だから、連日取り上げるのである。ラボの話題を期待している人には申し訳ない。しかし、これが危機だと感じている人が少なすぎる。取り上げないマスコミの罪は重過ぎる。

福田首相はなにも知らなさそうな顔をしているが、実は非常に危険な人物である気がしてきた。

これらの法案が通ったら、選択肢は3つである。国民全員で暴動を起こすか、国外逃亡をはかるか、権力や民族団体、宗教団体、利権団体の顔色をうかがいながら細々と生活するか、である。もちろん、3つ目は、言論の自由などない。通ってから暴動を起こすよりも、通させないことの方がやさしいはずだ。なので、みんなで声をあげなくてはいけない。知らない人がいれば教えてあげてほしい。そして、仲間を増やして戦わなければいけない。

多くのマスコミは権力や宗教団体にコントロールされているので、あてにはならない。自分で情報を集めて、そして出来ることから、少しずつでいいので声に出してみてほしい。繰り返すが、今は非常事態である。

以下、人権擁護法案に果敢に反対されている、中川昭一議員の報告です。
http://www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20080606_323.html

※本稿へのリンク、転載は自由です。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。