バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水で自動車が走る?
ここの会社が水で自動車が走るとかなんとか言ってます。
http://www.genepax.co.jp/index.html

ニュースリリースを参考のため引用

2008年6月12日 ウォーターエネルギーシステム搭載 電気自動車のテスト走行を予定(6/12)
2008年6月12日 世界初、新エネルギー技術「ウォーターエネルギーシステム」の発表(6/12
大阪府庁 議会会館にて「環境保全と災害対策を考えた新エネルギー(ウォーターエネルギーシステム)」の勉強会を開催します。

会社案内を参考のため引用

弊社は、エネルギーの効率的な供給と利用を可能とする技術及び製品の開発をミッションとしています。
「効率的な」とは、資源及び自然の両面での「効率」を意味しています。
地球の資源を浪費せず、自然環境に優しいエネルギーを創ることが、私どもの目的であり願いです。

水とWESさえあれば、自動車を走らせることができ、生活家電を動かすことができる。
水とWESさえあれば、温室効果ガス低減に向けた画期的な解決策となる。
水とWESさえあれば、世界中どこにでもクリーンなエネルギーを安定して供給できる。

上に掲げた3つの「水とWESさえあれば」に目を通すだけでも、子供たちの未来へ明るい希望を残せると確信することができるでしょう。

エネルギーは水から創り出す。
そんな理想のエネルギーが、現実になりました。
私たちは社会への貢献に向けて、精一杯WESの普及に尽力していきます。


(引用ここまで)


WESって、何を指してるのかわかりませんけど。水をエネルギーに出来たら、今頃世界中で大騒ぎ。ノーベル賞確定です。ところが、そうでないということは・・・。

こういうのって、なくなりませんよね。波動商法もまだしぶとく残ってますし。警察屋さん頼みますよ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
特許検索したけど、1件も無かったぞよ。
(少なくとも私の調べた限りでは)
こんな良い技術を出願しないのはもったいない・・・。
【2008/06/10 22:56】 URL | #-[ 編集]

これね、アメリカのどこぞのヒトも「水をエネルギーに」ってよく似たことを言ってたような。どの本だったかな。また確認できたら、書きます。

にしても。大儲けできるチャンスなのに、特許とらないなんて、もったいないなぁ(←苦笑)
【2008/06/11 11:19】 URL | やまの #-[ 編集]

特許でてますよ
ウォーターエネルギーシステムで
【2008/06/12 18:39】 URL | 通りすがり #-[ 編集]

特許検索したら出てきました。番号は、「特開2006-244714」です。

燃料電池がどうのこうの、って書いてありますが、燃料電池は「水素と酸素を反応させて水をつくる」過程で、電気を生み出すもの。水からエネルギーを作り出すとなると、水はどんな物質に変わるのでしょうか。

普通に考えて、役立つ発明をしたなら、まずは量産・販売体制を整えてから、「○月○日に発売します!」って発表するでしょ。

でも、ここの会社は「発明しました!」ってだけで、量産できる体制ではないはず。

発表にたくさんマスコミも集まったようですが。「発明者」の目的は、さて。
【2008/06/12 21:53】 URL | やまの #-[ 編集]

も一度調べたら、こんなけ出てきたよ。
特開2007-157405
特開2006-244714
特開2005-281847
うち2件は、審査請求していないみたいだね…。
最後の1件に賭けるうもり?


量産体制整えなくても、発表は出来ますよ。

自分で量産できなくても、実施権与えて、他人に量産させても良いわけですし。恐らくそれが意図でしょう。ベンチャー企業によくある話です。

ただし、特許としてこの先権利を与えられればの話ですが。特許として成立しなくても、技術料として取れるはずです。
【2008/06/12 23:07】 URL | #-[ 編集]

なるほど。特許料や技術料をとる手がありましたか。

健康関連の似非科学なら、効果があるかないか曖昧なまま、ずるずるといかがわしい商売を続けられますが。

こちらは、エネルギーを生み出すか、生み出さないか白黒はっきりするので、先が見えてるような。目立ちたいのかな。
【2008/06/12 23:51】 URL | やまの #-[ 編集]

http://www.genepax.co.jp/mechanism/system.html

この企業が主張しているWESの発電の仕組みを見ると、水を分解してエネルギーを得て水を排出しています。
ということは・・・出てきた水をもう一度使えば、あら不思議!
永遠に発電が可能な永久機関のできあがりですよ!

頭が悪いくせに欲の皮が突っ張った奴を集めて、騙すつもりなんでしょうね。
【2008/06/26 21:03】 URL | 世に詐欺の種は尽き無い #Bnxa9UrI[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。