バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週刊新潮に人権擁護法案の良記事のってます。
6月19日(木)発売の週刊新潮に人権擁護法案についてのとってもいい記事が載っています。かなり踏み込んで書いてありますので、勉強になります。筆者いつも言ってるように、編集部がいろんな組織からの圧力に屈しないで記事を書いてくれたのだから、立ち読みではなく「買って」支援してあげてくださいね。あちこちの店で週刊新潮が売り切れるようなことがあれば、編集部が喜んでまたいい記事を載せてくれます。あなたのお知り合いにも教えてあげてくださいね。

6月26日には次の号が発売されてしまうので、買えるのは25日までです。

記事の内容は大雑把に次の3点です。

・部落解放同盟が人権擁護法案を推進。

・野中広務と部落解放同盟の関係。

・部落解放同盟の反対派への恫喝。


部落解放同盟は、差別だ、差別だと騒いで行政から市民が納めた税金を引き出すという利権を得ていることを指し「利権やくざ」という呼称で書かれているのをちらほら目にします。言わなきゃわかんないのに、そういう区域には「こういう区域です」とわざわざわかるように看板が立ててあったりします。まぁ、そういうことです。これ以上は自分で調べてください。

「人権を訴える団体」が一般国民の人権を踏みにじる法律を推進。矛盾に満ちた構図がよくわかる記事です。

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。