バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生真面目さが失うもの
宅配便を利用するため、郵便局まで足を運びました。

サービス的にも、イメージ的にもはクロネコさんが好きなんですが。
ネット検索で、重量制で安く荷物を送れるサービスを見つけたので、
それ以来、そっちを使うことが増えました。うん。

普通にことが運んでいれば、わざわざブログにすることもないはず
なんですが、その日の出来事には考えさせられたので、書くことにしました。

郵便局でたいていの局員さんは、とてもスムーズに発送の受付を済ませてくれます。
でもその日に対応してくれた局員さんは、生真面目すぎるほど生真面目な人でした。

まず、荷物と一緒に料金後納の書類を一枚差し出すと、
「2枚必要」だということで奥の方へコピーに。

1枚だけでも手続きしてくれていたので、
その日も1枚だけ用意していたやまの。
決まりなら、次回は2枚用意するか・・・と考えつつ
コピーから戻られるのを待ちます。



そして、ようやく受付が始まりましたが、荷物1個だけを送るのに
結局、5分以上待たされてしまいました。

どうしてかというと、局員さんが発送手順を“事細かに”実行されていたからです。

重量制

での料金システムのはずなのですが、まずメジャーでサイズを測ります。
通常の小包はサイズ制なので、条件反射的な思い違いです。
書類を見て測る必要がない、と気付いたらやっと秤に

ポン

と荷物を乗せます。ここも、実は問題で
重量制の料金最低ラインは2kg。

そして、ボクの送る荷物は手で持つだけで
牛乳1Lパックよりも軽いことがわかる代物。
荷物を扱ってるヒトなら、すぐに気付いてほしいポイントでもあります。

実際、軽い荷物のときは書類とブツを手渡しただけて
すぐ控えを切り取ってくれる心地よい局員さんがたくさんおられます。

この時点で、もう誰でもいいから助けて欲しい心境でしたが、
我慢して局員さんの仕事を見つめます。

で、次に局員さん。
料金後納表の登録名が名簿にあるかを、ファイルに綴じてある
数十枚の書類をパラパラとめくって確認しようとされています。

一枚一枚見ていくものだから、いつ終わるんだろ・・・と
カウンターにひじをついて、ばや~んと紙をめくる音を聞いていました。

手続きが終わる頃にはとうに5分は経過。


ここでやまのは考えます。

今日の郵便局での出来事。
局員さんは本来するべき仕事をきっちり
こなされていたと言えます。
(途中勘違いみたいなことはありましたが)

しかし、彼はいくつかを失っています。
(ここで断っておきますが、このことは一つの出来事であって、
悪く言っている訳ではないので、そこを踏まえながらお願いします。)

まず、単価数百円の荷物一個の受付に時間をかけすぎです。
コスト意識がしっかりした会社なら、まずありえないでしょう。おそらく。

さらに、お客を待たせてイライラさせていたら
手のほどこしようがありません。うん。

ボクは考えるきっかけができてよかったですが。

彼はある意味間違ったことはしていません。
仕事の手順に則っただけのこと。
でも、逆にそのことが多くのものを失わせる結果になりました。


ひるがえって、ラボでの実験の話。

実験は以前の結果や、文献などから次の一手を考えて進めていきます。
でも、ひとつの研究プロジェクトを完結させるのに
真面目過ぎるがために、不必要な実験にまで手を出してしまってはいないでしょうか。

論文を読むときに、結果の図表だけが理解できたらいいものを
本文の隅々まで“きっちり”読もうとしてはいないでしょうか。

真面目さというのは重要な要素ですが
度が過ぎる生真面目は多くのものを失うことを
肝に銘じるのでありました。

e87とは・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。