バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日英文記事のためエクアドル在住日本人に命の危険
こんにちは。デモに行ってきました。その報告はまたこの後にアップするとして。

ネット見てたら、エクアドル在住の日本人の方がブログで、「毎日新聞の英文記事のおかげで命を狙われる可能性がある」ということを書いておられました。

一部を抜粋しますと

その発信された虚偽情報の中に「エクアドルで日本人が子供をジャングルに放し、それを銃で狩る」というものがありました。

~略~

エクアドルに在住する日本人であるところの私たちは、この毎日新聞社の発信した記事で将来の可能性も含めて、大変な一般生活上での危険を背負い込む事になりました。エクアドルの現状の治安状態を考慮すれば、相当に由々しき問題と言えます。この件は毎日新聞社が国内、国外に謝罪しただけでは済みません。エクアドルという国名を挙げ、そして、日本人と国籍を特定して、「子供を銃で撃っている」と書いたのです。これをエクアドル人が知ったなら、どういう反応をするでしょうか?

~略~

毎日新聞社は、一体、どんな資格、権利をもって、私たちエクアドル在住の日本人の安全を毀損したのでしょうか?

以上、http://nanmei.at.webry.info/200807/article_1.html より抜粋しました。

外国人へ、性に関して誤った日本人像を植え付けて、日本人女性や子どもが性犯罪にあう危険性を増長させたあげく、真偽不明のニュースで海外在住の日本人を命の危険に陥れた毎日新聞社。

どうやって責任をとるおつもりなんですか?

プチッと応援のクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。