バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歯ぐき培養しちゃいました!その1
こんにちは。

メルマガの読者さんから、
「もっとブログの更新してください!」
とリクエストがありました。

去年は月1ペース・・・。

ホントごめんなさい!

ということで、シリーズものを始めてみることにしました。



その名も!


やまのの歯ぐきの培養報告!




・・・・・・・・・・



驚いたり、または
素でひいてしまった人は、
お願いですから一歩戻ってきてください。




お願いです!



ことの経緯をお話すると。

やまの。

親知らずを抜くことになったんです。
虫歯ができてしまったからなんですが。


子どもの頃。


ペンチ


みたいな道具で、乳歯を抜かれた記憶があります。
なもんで、すごいトラウマだったのです。抜歯。


しかし!


親知らずは、もうなんというか。
全く痛みもなく、あっけなく抜かれてしまいました。うん。


かなり色白の歯医者さん(♂)は、抜いた歯を
ケースに入れてやまのにくれた訳です。

その歯をまじまじと見ていたら、よこっちょに
歯ぐきの一部がくっついてます。

歯に密着してたもんだから、
ちぎれちゃったみたいです。




うひょー!


その日は、そのままラボで実験。
細胞をいじってたら、


「ひょっとして、親知らずについてた歯ぐきも培養できる?かな?」



と好奇心旺盛な遊び心に火がついちゃったのでした。

古本市場
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
はじめまして^^

クリスと申します。

初めてのコメント失礼致します。

あちこちで多くのツールを見ましたが
驚きの情報を入手したので・・・
こんなのは初めて見ました^^;

興味があれば是非見てみてくださいな^^

今なら読者獲得ツールが無料配布中です♪
【2007/02/10 21:54】 URL | ツールが作れる!? #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

親知らずについて

親知らず親知らず(おやしらず)とは下顎第三大臼歯および上顎第三大臼歯の事を指す。下顎第三大臼歯と上顎第三大臼歯は成人後に生え始める。赤ん坊の歯の生え始めと違い、多くの人は親元を離れるため、親が歯の生え始めを知ることはない。そのため親知らずという名が付いた。 歯・は・歯!【2007/02/16 22:11】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。