バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甘味料を飲む勇気
この頃、カロリーゼロとかいうコーラが新たに発売されてるそうで。
いつもは買わないんだけど、一本だけ買ってみました。

カロリーがゼロということは、砂糖以外の甘味料が入ってるだろうということは、簡単に想像できます。
で、原材料名のところを見てみると、やはり入ってました。

アスパルテーム
アセスルファムカリウム

前者は1965年、後者は1967年に開発されたそうです。
それから、安全性などを検討した結果、現在のように利用されるに至っているんですが、筆者はどうしてもこれが苦手。

今みたいに、高度な科学なんてなかった大昔。
先人たちは、自分たちの体をはって、食べられるもの、美味しいものを捜し求めていたと思います。
中には、まず動物に食べさせてみたりとかいうのもあったかもしれません。

「この根っこニュルニュルしてるんだけどさ。食えるのかな。」(←やまいもです)

「お前食ってみろよ。」

「やだよ。腹壊したらどうすんだよ。」

なんて、言いながら結局、家に持って帰って恐る恐る食べてみたり。いやあ、想像ですが。
突然、お腹をくだしたりしたら、わかりやすいですけど、フグを最初に食べたヒトはまさか、だったと思います。中には、ある一族でよく食べる食材があって、その一族はどうも寿命が短いだとか、同じ病気にかかって死んでしまうとか。

長い年月をかけての壮大な“人体実験”の積み重ねが、現在の豊富な食材を生み出してきたかと思うと、昔のヒトは偉い。
ただその実験は科学が発展したから、もう必要ないなんてことは絶対なくて、科学が追いついてなくて影響がないように見えるだけかもしれない。

一応、急性毒性とか発がん性とか問題がないと結果が出ても、それ以外のことは影響があるとも、ないとも言えないというのが現実だと思う。つまり、そこから先は先人たちがやってきたのと同じく、“壮大な人体実験”に手をゆだねるしかない。そして長い年月がたったら、だんだんと結果が明らかになってくる。

つまり、筆者は、そこがわからないものは食べたくないし、あえて実験にも参加したくない。なもんで、甘味料に関わらず、何々が入ってるからごめんなさいということはよくある。もちろん、新しければ何でもダメってわけでもないけど。

にしても、最近のガムとかお口すっきりは先の化合物が大体入ってるし、このごろガム食べてないなあ。

バイオテクノロジージャーナル

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。