バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イエローチップ
バイオラボで欠かせない一つがチップ。

20070923124943.jpg


こんな風に箱に入れて、滅菌してあります。箱の中の黄色いのがブツです。他にもサイズの大きいブルーチップもあります。どうやって使うかというと

20070923123437.jpg
(素材辞典vol55より)

こうやって、マイクロピペットの先につけます。そして、微量の液体を移動させます。移動する液体の種類が異なるときは、チップを  パチン  と取り外して、新しいのを装着します。これで異なる液体が混ざるのを防げます。

しかし。

かなり裕福なラボでは、すでに箱詰めしてあるチップを買ったりできますが、普通のラボは

20070923124949.jpg


こんな風に袋にバラで入ってるチップを泣きながら(?)手作業で箱に詰めていきます。細かい作業なので、机や床にバラバラとこぼしてウキー!となるのはいつものこと。メンバーが多いラボなんかは、実験量が半端じゃないのでチップを使い終わった空箱がたまっていくペースも尋常じゃなく、チップ詰め係りはさらに涙が込み上げてきます。

DNA SLIM

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。