バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


効果不明と懺悔する広告
11月6日の毎日新聞で、「アガリクスの効果を国が調べることにした」というニュースが載ってました。つまり、世の中「ガンにはアガリクス!」という怪しい広告があふれているけど、それらは効果があるかどうかもわからず、購入者が業者の餌食になってる可能性があるので白黒つけようというわけだ。そんな業者も、あからさまに「効果がある」と宣伝すると薬事法違反で捕まるので、使用者の体験記という形で効果をアピールしまくる。だから、新聞の折込も、雑誌の裏表紙の広告も体験記のオンパレードだ。体験者の名を借りさえすれば、販売者が好きなように書けてしまうということでもある。

科学をかじってる人なら当たり前だけど、体験記なんて何の意味もない。主観でどうにでも書けるし(他人が適当に書いたとしても顔写真があったりすると本人が書いたようにも見えるから困ったもんだ)、たとえ病気が治ってもその理由を特定するに至らない。病院で受けていた治療によって快方に向かっている最中に、広告されている「万能薬」を試していたなら、それは本人にしてみたら「万能薬」が効いたように思うだろう。

ここもポイントだと思うけど、ガンでどうにもならなくて試してみたけど、残念なことに亡くなってしまわれた。こんな場合。効きませんでしたなんて体験記は書けない。悪い話は自然に葬られてしまうというトリック。

で、今日か、昨日か新聞広告を見たら、「アガリクス。国が効果を調査することに!」とエラそうにまたアピールしてました。国が調べてくれるのは大きな栄誉だ、みたいなニュアンス。広告主は「現時点で効果が不明」だって、自分で自分の首を絞めてるのがわからないようで。万能薬を売ってる人間はその程度なんだと判断しても差し支えなさそうです。自分ではよくもわからず、流行りに乗って稼ぎまくって、あとはさようなら。

そんな怪しいオクスリを使うのは自己責任だって主張される人もいるだろうけど、情報を隅々集めて、自分で判断してなんて全部の人ができたら、そもそも変な健康商法に引っかかる人がいるはずない。

新聞社には、経営の問題もあるだろうけど、読者を不幸にしてしまうような広告は受けて欲しくない。また、国としては、医薬品や健康食品の体験記を広告に載せることを禁止するなど、一人一人の国民を保護する方向に進めて欲しいと思う。

総合セキュリティ対策ソフト

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

「アガリクス」 に関する口コミ、評判、ショッピング情報のブログリンク集

アガリクスでの検索結果をマッシュアップして最新ブログからの口コミや評判、ショッピング情報をまとめています ブログの口コミ、評判、いい商品!【2007/11/17 09:30】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。