バイオ研究のメルマガを書いているやまの。メルマガとはことなる視点で、バイオ研究にこだわらず、言うべきことをしっかり書きます。

筆者やまのが書くメルマガ↓

プロフィール

やまのあべば

Author:やまのあべば
ヘッポコ大学マスターコース修了
モンチッチ大学ドクターコース在学中

ブログではラボでの出来事や社会的なことを扱います。科学論文の記事を読みたいときは、メルマガの方を購読してください。登録フォームここのすぐ上です。

リンクフリーです。どんどんリンクお願いします。

メールはこちらまで。yamano@heppoko-bio.net
メルマガの相互紹介のお問い合わせも上記メルアドにお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詰まる話
とうとう仕事納めです。

でも、筆者の場合はちょこちょこラボに行かないといけません。細胞クンがお腹をすかせてお父さんがご飯をくれるのをまってるのです。最悪、元旦にラボ・・・。やだ、絶対。そう言えば、数年前、元旦にラボで同期と鉢合わせして「何やってんの?」とお互い目を丸くしてたことも。

ラボのゴミを集める場所は、ゴミ袋がテラ大盛りだし。にしても、この一週間。実験はまだ残ってるのに、頭だけ先に冬休みに突入してしまったので、大変でした。そんなボヤっとした筆者に目を覚ませてくれたものがありました。シモの話で恐縮ですが、いつもラボで大きい方をしたくなるんです。回数を比で言うと、家:ラボ=1:3 みたいな。本当にすみません。で、トイレで任務を済ませて水を流しました。


水位上昇。

え?

和式便器の中間くらいまで水がやってきました。そんな詰まるほどモリモリしてないよ。「これはきっと水を流す勢いが小さすぎたからだ。」と勝手に解釈して、今度はレバーをムギュっと最後まで押してみました。

ジョパー(←水の流れる音)


水位上昇。


や、やばい。あふれる。



もうだめだ。逃げなきゃ溺れる。と個室を出ようとしたら、水圧に屈してグゴーと雄たけびをあげて流れていきました。ほんの数秒が何分にも感じる、そんな出来事の一つでした。にしても、目が覚めました。スリル満点な仕事納めだ。やだな。もう。

毎月、定額のDVDレンタル

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。